「封じられた日本人」強くあるべき姿についてふと思う。

過去2020年5月2日に書き留めていた、記事をピックアップしています。

遅れているいことを理解していた?遅れている事を懸念していた?遅れている事を知らなかった?


教育が遅れることについて懸念されつつある現状、今までにない事例をもって事をどう考えるか?

これは海外のニュースや新聞でも既に発表されており日本の現状について、かつての「東洋の軌跡」と言われた頃から、現在に至ってどのような教育の経過をたどっているかと言う事は、常に海外にとって興味のある眼差しでいつも見られているのだろう。

気づいている事以上に、国家レベルで教育とは各国監視していると言うことなのだ。知っていること以上に各国はニュースや新聞にしていると言うことを肝に銘じなければならないのだろ。

今までのパターンが通用しなくなる時その本質が観えてくるものだろう。気づく時はいつなのだろう?また改善より改ざんばかり目立つ教育分野の進展はいつなのか?

パターンやルーティン化したものほど、水面上の出来事として捉え、風や波が変わる時ほど、水面下が浮き彫りになりやすい。

本来の教育が育むカリュキュラムとして、本来目指す理想的な人として機能するのか?

理想的な人である為の教育?お金を稼げる為の教育?どちらも名目になりつつある現状を踏まえ、問いたくなるタイミングなのだろう。

考えてる余地はあったか?何となく義務化(水面上)されている「義務」なのだ。

遅れると影響は?教育が寄与する本質についてそういった現状も踏まえると考えざるおえないのも事実だろう。


世界では、15年前に学校も行けず青空の下の荒れ果てた道端で、パソコンを皆で囲み勉強し、その先に医者として世界で活躍する子達も存在する。この教育を15年前から追っていると今や世界でれっきとしたシステム化された教育と認められたこと。新たな教育として確立されているのだ。

その道端で教育を受けた子供たちが、世界のIT企業や先端医療分野へ就職していくことなのだ。常に新し教育がたった10年と言う合間に確立し、新たなマインドで世界で勝負をしているのだ。10間と言う期間があれば、新たな教育習得し新たなマインドで世界に挑戦出来る時代と言うことなのだ。

10年間で人生も人も変われるのだ。10年間でどれだけ変化しただろう?

まして道端で勉強していた子供達が新しいマインドの教育を受け、新興国から途上国以上の世界へ進出し、いとも簡単に現在の教育以上の成績と結果を残し、世界で活躍している現実なのだ。

10年間と言う教育期間を持ってして何に寄与するか?教育の中身が肝心なのだろう。

常に与えられた環境が常に、何処に通用するのか?


また世界の大学やオックスフォード大学やハーバード大学に行ける子達でもその選択肢の中で、未知な新し教育を実地している大学を選択する人達もここ数年前から実際に存在すること。

教育のフィールドとは既に未知数に存在しているのだ。そのスタイルや環境の豊富さから、自身の適正を見つけ出し、適正を伸ばす。教育の基本だと思わないだろうか?

今までの水面上で捉えられている現実にいち早く気が付いたもの達が常にいるからこそ、常に新たな道がひわけるのだろう。

10年間で、簡単に人生は変わるのだ。どんどん新しいものが迫ってくるのだろう。簡単に抜かれるのだ。

危機感があれば10年間以上に、過去に囚われている暇はないのだろう。10年間

”環境や経済、社会風刺や情勢など今までと違ってくる時に、「何が必要か?」そう説いたことなのだろう。”


「”ほとんどの人が、自分で経験して自分の価値観で培った意見でしか人は判断できない事が前提だとすれば、個人の将来に教育がどうあれ、個人個人が自分の価値観でものごとを見て意見を述べれるように、教育は本来個人個人にあったものでなければならないことなのだろう。そこに自ずと必要なもの、必要な答えでなければ教育ではなくなること。”」

囚われた思考、囚われた行動、囚われた言動に将来性は見出せないのだろう。

成長が止まったループなのだ。新興国の教育はたった10年間世界に匹敵する教育を確立させれるのだ。

誰かが決めた答えや他人がどうとかではなく、自分がどうなのか。一つ一つ自分の「答えを求めていく事が教育」の本質なのだろう。

教育であり、葬りされた「教養」になるのだろう。培い始めて
そこに自ずと「目的」が生まれる事なのだろう。

特に生きる事に、世界がこれほど「向上するエビデンス」を用いた時代に、日本はこれまで以下に「エビデンスの無い生き方」を選ぶのだろう。


必要なものが解らないから、前進しないのだろう。

現代の日本の教育は、江戸時代またその遥か昔からの教育と比べて、現代人として向上できる教育かどうかなのだ。

「事実、現在の世界のハーバード大学や世界の有名な大学はこの日本の江戸時代やそれ以前の教育を取り入れた事で確立したといって良いほど日本の教育は「世界に誇れる教育」だったこと。」

実際に現在でも海外では日本古来の旧式教育を実施されていること。

内容は割愛していたが、東亜戦争においてアジアの主体となった日本人とは、白人社会の脅威であり世界の脅威として認識されるほど、その思考や思想や勤勉性や日本人の素質についてアメリカは徹底的に調べ上げた結果、戦後のアメリカの教育として日本の教育が取り入れられ、アジアの主体となった日本人には、骨抜きになる教育を与えられている事実があるのだ。


世界が日本がいつか世界の盟主とならんとばかりに、教育を全て書き換えた事実であり。

遥か昔より天皇国家として 「日本人として「愛国心」「愛着心」や「道義」なけでなく人における「良心」を一切そぎ落とした教育、日本人を世界から低迷した民族にしたい教育を創り上げたのだ」


大事な事は、世界はその「愛国心」「愛着心」や「道義」なけでなく人における「良心」を育んでいる事。

教育を持っして寄与しているものなのだろう。

悲しい事に「”今や本来日本にあった事が全てが世界水準なのだ。”」


日本人として愛国心、愛着心や道義なけでなく人における「良心」を、世界の大学や今や外国人が育んでいる事に気が付かないだろうか?

日本の精神を持って国内に来る観光客が多い事。有名なスティーブンジョブスだけが親日の精神の例ではないが、今や「マインドフルネス」「瞑想」や世界が求める「真理」「真実しか求めない情報概念」「誠」など耳にする事もある思うが、「世界に類を見ない盟主たる日本の精神教育」を世界が習っていること。


「戦前の日本の人種の凄さが世界の権威であったこと。」戦前、江戸時代または遥か昔の日本の教育は世界以上のものがあったからこそ、世界の教育がそれを例に実施して行っていることなのだ。

世界に行けば主張できない国とされているが、戦前はしっかり世界に引けを取らず、世界に「道義」を主張する日本だったことなのだ。

世界に主張出来る教育とは、すぐ答えれるだろうか?各国水準を上げる教育が求められる中、現在の教育以上の人間が出来ているだろうか?

そんな西洋文化にない「道義」の主張をもって世界に権威を作ってしまう、そんな日本だったことを世界は承知していると言うことなのだろう。

そんな歴史も教科書には無いこと。

白人社会制度において、その社会は「奴隷」制度を意味し、アジア諸国の各国において、「植民地」こそが白人主義なのだ。

「道義」として、各国の「植民地」解放となれば、どこまでも世界の白人、世界の富豪達は黙っていない事も事実なのだろう。敵を増やしてしまったアジアの主体なのだ。


「世界へ道を教える日本人」として個人の意見を求める教育が大昔からあったこと。それは世界以上に「愛国心、愛着心や道義なけでなく人における「良心」など個人個人の主張を求めた教育と思うが、それぞれの尊重が取れた国として世界に類を見ない「秩序統制」がとれた国でいたことなのだろう。


何もかも世界に権威をもたせた民族として民族低迷する教育を与えられていることなのだ。


編成された教育を糧にこの今現在一国を築く国民性の凄さなのだ。それだけに世界に類を見ない罠も沢山ある社会構成だと言う事も忘れてはいけないのだろう。

世界の脅威になる程の世界に誇る民族なのだ。

本来「封じられた教育」をこの時代に持てばどうだっただろうか?

今この時代に忘れてしまい、今現在多くの方が求み望む日本人の在り方なのだろう。そこに今もこらからも手直しする世代であれば、求められている基板があるはずなのだ。


なぜなら西洋経済を教育として教えらて育った環境はどうだろうか?

ここでは割愛だが西洋経済の教育の大根底は「植民地」に由来する教育が根本にあること。

戦後、西洋経済を用いて幸福になると信じた現在、戦後国内の日本本来の経済を大きく変えた事で目の当たりし考える事はやはり日本という底力でもある。

またその背景現在に至って、その低迷教育の果て物質的にも経済的にも豊かと言われた国が生んだものは「自殺者」なのだ。

年間自殺者数約30,000人なのだ。コロナ以上の権威と思えばどうだろうか?コロナより気にならないだろうか?更に殺戮経済、殺戮教育の真っ只中と言うことなのだ。毎年なのだ。コロナもだが、日本と言う島国の中で実験的のように行われた西洋経済と日本人本来の精神性の違和感。その精神性を欠落の実験の結果が「自殺」なのだろう。

このように本来の国民性に、別の表向きに自由国家として開放し、裏で条件付きの社会制度を敗戦国に各国実験的に行う事で、経済破綻や人工激減など国家破綻をした南米の国も事実存在するぐらいなのだ。

各国違う実験が行われていることなのだ。


“戦後日本らしさとは何かあっただろうか?”


根なし草なのだろうか?

これ以上に日本人として、どうあるべきか考えれるのではないかと思うのだ。精神的な生きにくさ、与えらる事の多さ。主張出来ない政治社会。


”「どうすることも出来ないと思う日本人。 世界は、本来の日本の教育をもって考えていること」”


西洋経済の根本、植民地思考を理解すれば理解できると思うが、奴隷と搾取の歴史なのだ。そこに救済も救いもないこと。


金融教育が全くない日本人にとって、何故が?

「植民地教育」は、飼い主が得をする制度で解釈すればどうだろうか、「貸し付けは救済でない」こと、西洋経済において搾取なのだ。金銭破綻や経済的事情も含め来年は30,000万人以上なのだろうか?

「植民地教育」だからこそ、主張が出来ない。救済がない国として見えて来るだろう。


こういった隠された根底にある教育など沢山あるが、それでいても本来世界に誇れる高貴な日本人だからこそ勤勉で有能な人材が本当に多いのだう。

秘めてる事が実にに多い民族なのだ。また”人として第一に重んじるならなにだろうか?”勉強が全てでなければ、あきらめる事などは、誰にも教えられていない事なのだろう。

10年間をどう過ごすかで、また新たな発展と進化を自身の人生に寄与出来るのだろう。

「重んじる順番を間違っていけないのだろう」

それでいて人間は、教育の在り方に囚われず、”真実に自分かどうあるべきか”

しっかりした目的とそれ次第で情熱も無限の可能性も、どのタイミングからでも創り得れるのだろう。

手足が頭、全て揃って、何も出来ないことはないのだろう。文句は暇人のすることなおだ。

他人の鑑賞は過保護な思考からなのだろう。常に無いもないならハングリーである事はできるだろう。

これから変えられる現実と変わった事実しかないのだろう。過去にしがみつけば人生をさぼっているのだろう。

常に前のみ進めるだけなのだ。人生の変わりは何万人と毎日生まれてくるのだろう。そしてたった数十年でその人生が抜かされるのだ。常に危機感がなければそこまでなのだろう。


それでいて変えらるのは他人でなく自分だけなのだ。10年よりまずは10日間を変えることから、全てが変わりはじまるのだろう。

どんな状況でも他人は関与しないこと。自己責任の人生なのだ。変わりはいくらでも追いかけてくるのだろう。自らからどうあるべきか少しかえるだけで幸福で豊かになれるのだどろうとふと思う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 「補う時代」の課題についてふと思う。

  2. 「コミュニティに必要なこと」にふと思う。

  3. 一線を越えていける「3つの時間」についてふと思う。

  4. 「裁定者」についてふと思う。

  5. 幸福になる為の「責任」についてふと思う。

  6. 障害者についてふとおもう。

  7. 「危機感の力」についてふと思う(PART2)

  8. 「心底強くなれる健康の力」についてふと思う。

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!