あなたの文武両道は何?

生産力を超絶危機的な状況から考えると、あなたの「生産力」とは「生きる為」に「必要な技術」とは何だろう。

現在において「生きる為」とは。
お給料を会社から貰うための「技術」だとしよう。

多くの生産力の対価が対世界に対して高価な価値があることは現代においてもご存じだろう。

それは民族的に優れてる特有の能力と言うことなのだ。取り組めば成果として結果を出せる特殊分野なのだろう。

例えば漆塗や、畳、日本刀などの文化遺産とは、無類の対価となる世界なのだ。
特に生産力や技術が国内で他国に以下の対価として、したびになっている事は名目とした事情があるのだろう…

現代国内の最先端技術や生産力はいつも、世界へと流れる事によってその痛烈な押し目を幾度なくあびせられている国と言うこと、それは同時に技術大国としてのレッテルと認識出来ることだろう。

それは現代においても、その技術や生産力の衰退と共に価格の値下や他国による輸入品による価値観の低下が、日々の感覚を麻痺している。いやそうさしていると言わしめる事は残念なことなのだ。

いつでも生産分野の高騰がある日本と認識できるが、何故伸ばせない分野が沢山ある事は実にもったいないと思うところ。世界水準として技術は高いが、価格は安いとして世界シェアとして狙る「JAPAN」がいつもあるのだろう。

これはブルー・ゾーン以上に、特有の能力が発揮出来る国民性が強みなのだろう。

それでいて、話が変わるが、この時代において平和がいつまで続くだろうか?
算出したとこがあるだろうか。

かつて戦国時代や第一次、第二次大戦において、
学者や技術者は共にいつも「文武両道」を求められる環境下であることが望ましく、その「両道」である事の価値が歴史からでも幾つも伺える事が理解出来るだろう。

それは「生きる為」に必要な選択肢であり、
「文武両道」がかつて、その時代を「生きる為」の「技術」であり、学芸と武道の意として、その両方に優れていることが望ましく生きるための知恵だったと言うことなのだ。

戦争と言う時代がいつもある時代背景なら、「生きる為」の技術はいつも「武に長けること」であり、

また戦場の階級をともめられる時代であれば時に「武」と「学」が求められたのだろう。

いつも2つの領域が伺えるだろう。

現代において大学とは生きる為に多くの優位性を込めた「得」を創造するだろうか?

現代にいて1つの領域において全ての「得」を創造するのであれば、2つの領域とは、どちらでも得することを考え事ができるのではないだろうか? 現代において理解しやすく説明しているが必要である優位性としての話なのだ。

もしその「1つ」が、お役御免の時代になればどうだろうか?

この優位性をもってすると「生きる為」=「生還する」領域が広がることが理解出来るだろう。

1つの時代背景にいつも「お役御免」となる事態がある事を前提として生きればどうだろうか?

かつて戦場で必要な「武」と学問の「学」であれば、現在において、あなたは「何」と「何」をもって両道とするだろう。

現在人において、戦争とは遠い異国のおとぎ話のように日夜ニュースで伺えるが、こんにちにおいてもし戦争が起きればどうだろうか?

例えば一流大学、一流企業と言う能力と「何」が必要とされ、現代の日本人の能力に必要なものが伺えるのだ。

これはシュミレーショーンによって想定出来る能力としていつも「考えなくてはならないのだろう」

それは「自給自足」する能力。
そして「無から創出できる生産技術」とされるのだ。

これは時代において、パーソナルコンピューターの普及により求められる「技術」そして「生産力」として教えられる領域は発展と進展には必要不可欠な状態であるが。

生産的なモジュールの生産領域と情報から情報へ流す領域ではまたこれらの価値が変わってくるのだ。
それゆえ国力として、領域によっては国民性の能力が著しく飛躍する領域が低下すると言われていること。

それは国内における「生産性のある技術」として「自給自足」に達する価値が危機的状況において、命・生きるために直通する「技術」として不安定と認識されるからなのだ。

発展と進展に必要不可欠な領域のメリットとデメリット、それは最悪の事態から想定した逆算と言うことなのだ。
お給料として「生きる為」の「技術」として必要不可欠な1つ。

それでいて電力や原油関係の供給問題によって無くなる「生産力」や、その他のデメリットをしのぐ「技術」これらを求めなくてはならないのだ。

これらをいつもこの現代において思考しているかどうか?

それが今の時代老若男女問わず、求められる「自給自足」の能力とされるのだ。

「自給自足」とは、「無から有を生み出し生きる力」なのだ。

これらは時として簡単に、大きな局面下において計り知れない価値を多くの人に生み出すことになる事も想定出来るのだろう。

スーパーへの供給が途絶える時、すべての食糧と言う食糧が高騰し、この支給物を日々スーパーでお金と交換している日々に戻れる事に見通しが見受けられない時、「畑」「田」が計り知れない価値を生み出すこと。

まして支給される事が保証されていない、何処かの誰かが抱え込むことになるのだろうか。そのような事も想定内にしておくと。

それは誰もが「生きる為」に必要な「技術」があるからなのだ。 知恵と知識が見えてくるのだろう。

今の時代にあるもの全てが支給された品として、支給された品に代用する物すべてを「補う能力」と言う事なのだ。

かつて戦後敗戦した何もない事態に、食べることで命を繋ぎ今日がある過程において、「生きてこれた技術」それは日本国民の多くが発展してきた「衣食住」の根源であると言うことなのだ。

服を作ることの以前に糸を作る技術だったり、海から魚を捕ること、山から食べれるものを知っている知識など食事になる食べ物を作る技術だったり、家を建てる技術だったりそしてその先に発展して来た技術に浸っていると見失う事がいつもあるのだろう。

超危機的状況を自力の力で当たり前のように、明日の明後日の食事を心配せずに生きれる技術として「畑」と「生産する技術」、特に戦後「お米を植える能力」を持っている人が多かったことで今現在に至るとされるのだ。

人口から考えよう。
毎日超危機的状況下において、支給品が毎日届くかどうか?供給に必要な食糧が賄える畑が国内だけの技術であるかないか。

いつの時代も「窮地に生きる技術」を持っているものが窮地に多大な価値を見出だせることを。それは平和の時代に費用不可欠な能力であり半永久的に、とてつもない価値を与えれる機会にもなると言うことも想定できるからなのだろう。

起きないことを前提として「両道」でない思考も、窮地でその分かれ道となることであれば、

この時代において必要な「両道」をもし手に入れるのならば、あなは何の「両道」を極めるのだろう?

「勉強」と「スポーツ」の両道だろうか?それとも現代も「文武両道」を手にするだろうか?

ある日突然出来る人はいつもいないのだろう?いつもアイツだけ何故出来るのか?

それはいつも見せない努力を幾つもしている人だけが、ある日その頭角を見せるだけなのだ。

誰でもしたい事をしていれば、その分野の得意になれる、それが1つでも2つでも3つでもチャレンジした時から誰でも「両道」以上になれるのだろう。

また近い喜びに歓喜する以上に、いつもどんな時も歓喜と喜びを分かち合える未来の為に思考を巡らさなくてはならないのだろう。

関連記事

  1. 「洗脳」された「性格」についてふと思う。

  2. 「影響」と「進化」についてふと思う。

  3. 「限られた中」で明るい未来展望をふと思う。

  4. 目先の価値と将来の価値についてふと思う。

  5. 「教育のあるべき姿」についてふと思う。

  6. 「素質を上げれる子供の教育」についてふと思う。

  7. 「感情は臓器で作られる」についてふと思う。

  8. 「優生である為に」ふと思う。

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!