FX-インジケーター戦略#15 

バックテスト済み(NRP)

・スキャル系  インジケーターシステム。

・ファイルの中は、インジゲーターとテンプレート形式。

・通貨ペアは任意。EURUSD、GBPUSD、AUDUSD

・時間枠は、5M限定設定

ドットを用いたスキャルシステムになっている。

MAのエントリータイミング以上に、ドットで表示されているだけに転換点と共にエントリータイミングが解りやすいのだ。

ただスキャルピングの基礎通りトレンドに乗ったトレードでないと、優位性がそこなわれるが、転換点の捉え方は納得のいく精度となっている。

それでいて何PIPSを獲得したいかは、資金管理とロット配分次第と言うなら

この地図は宝の地図になるだろう。

エントリー方法

ロングエントリー

優位性トレンドがロングの場合、水色のEMA100より上のゾーンにチャートがあればロング目線で考える。

次にHMA3本の紫色のドットが全て揃い更に、サブウィンドウFX_FISH‐modがミドリ色のヒストグラムであればロングエントリー確定。

ショートエントリー

優位性トレンドがショートの場合、水色のEMA100より下のゾーンにチャートがあればショート目線で考える。

次にHMA3本のオレンジ色のドットが全て揃い更に、サブウィンドウFX_FISH‐modが赤色のヒストグラムであればショートエントリー確定。

まずはデモトレードからその真相を検証して頂きたい。

高確率インジゲーターの無料ダウンロードはこちらから↓

関連記事

  1. FX-インジゲーター手法 #8(会員限定)

  2. FX-インジケーター手法 #26(会員限定)

  3. FX-インジケーター戦略 #23(会員限定)

  4. FX-インジケーター手法#34 

  5. FX-インジケーター手法#43 

  6. FX-インジケーター手法 #50(会員限定)

  7. FX-インジケーター手法#14 

  8. FX-インジケーター手法#8 

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!