「新たな需要が生まれる時」についてふと思う。

過去2020年5月18日に書き留めていた、記事をピックアップしています。


マーケットとして新たなものを産み出す時、この世の中の「何を」需要とするのだろうとふと考えていると「歯」のマーケットについて展望があったこと。

これからの展望には、一度余儀なく無くなってしまった歯を入れ換える時、インプラントなどの偽物の歯を取り入れなくてはならなかったが、ここ近年の研究によってあの有名なIPS細胞によって、自分の歯やその他を含め、再生できる技術が開発されている。

やはりこのカテゴリーとして、IPS細胞はポイントなのだろう。

現在は認知度が低く、手短な商品の需要が初期段階なだけに、間違いなく発展とその効果か著しく進捗するものだろうとされている。


この歯の分野においては、「歯」再生に必要な歯として健康な歯が必要となり、再生のために健康な歯を抜くわけにはいかないので、採取できる歯は親知らずとされている。

親知らずを破棄してきた世代間にとっては考えものの話だが、この開発は現在進行形であり今後大きく進展をするだろうとされる根拠は、既に「歯」の親知らずを保管管理してくれるバンクが既にあるのだ。
予定展望では、すぐそこ2023年頃の普及を目処に開発が進んでいるだけに、需要と供給のサイクルの中で、余計に大切にしなくてはならないものがある。何故なら風邪薬が出来れば風邪すら流行ってもらわなければその薬は売れないのは当然の話のように。

よって歯の「エナメル」を剥がす、溶かす薬品系が急増または薬品が増強さる事、既にデンタル系のホワイトニングやデンタルケア用品など、しっかり認識しないで行うと歯のエナメル色素を害する結果になるものが沢山あるとされている。


何故なら既に誰かの夢と予定と計画がいつもあるからなのだろう。

需要と供給の「サイクル」が有るように、近年の開発や技術の進展や加速と共に、一段と進展を遂げる社会の分岐点を「技術的特異点」または「シンギュラリティ」と言われ、未来学上では技術の進展として人工知能自身が「人類に代わって文明の進歩の主役」になる時点の事であるとされ、第4次産業革命とし2045年を目処に予定されていること。

約25年後の話なのだ。個人の進展と経済の進捗を比べると10年で何がどれだけ変わっただろうか?この25年は直ぐに来るだろうし、または技術的にも飛躍するのだろう。


各業界の進展として注目していく事が出来るのだろう。

また進展として右肩上がりのグラフとされ知識や環境と乖離されていくと思うが人間の環境として需要と供給の「サイクル」輪の中、人が出来る事として「人が活躍」が出来る分野の再燃が起こるとされている。

マーケットが新たに展望、侵食していく先には多くの何かを犠牲にしてきていること。

自らの環境も犠牲にし始めてきているのだろう。それでいて大局で言うと時代の発展として初期に戻るとされていること。

戦後においてまたは戦前前の”「発展の起源」”がポイントなのだろう。割愛
手塚治虫の作品「火の鳥」の中にこんな言葉がある。


「過去は既に起きた未来、 未来はこれから起こる過去」


とあるがまさにその通りなのだろう。 


作者は違えども、ドラえもんを見ていても実にそう思える作品なのだろう。ドラえもんの生まれる未来の世界では、ダメダメな猫型ロボットとして誕生するが、ジャイアンやスネ夫そっくりなロボットと暮らしている。またのび太君の居る過去では、ドラえもんがしっかりもので、のび太君がダメダメなのだろう。このサイクルが実に面白く描かれている。過去と未来は、いつも何かしら接点を持ちながらまたは、変えながら既に繰り返し生きていることなのだろう。

現在は未来だけの為ではなく、未来は過去の為にでもあるのだろう。実に面白い世界なのだ。ちょっと奥が深い話だが。

需要と供給と流れだけとすれば、「温故知新」と言葉が浮かぶようにいつも、この現在とする未来は、誰かが生きた過去の生き方なのだろう。


また誰かの夢で生かされることなく、自らより深く認識することは、表面上なぞらえた認識だけでなく、常に阻害するものから守ることで大きく損害(リスク)に振り回されることなく、その先にいつも楽しい事があるのだろうとふと思う。

関連記事

  1. 「わがまま」と「あるがまま」についてふと思う。

  2. 「人生をコントロール」することについてふと思う。

  3. 誰よりも「優位性」であるべき思考ついてふと思う。

  4. この世で得たいものついてふと思う。

  5. 「満足する目線」についてふと思う。

  6. 「感情は臓器で作られる」についてふと思う。

  7. 「幸福へ進化する過程」についてふと思う。

  8. 観えない未来の「影響」についてふと思う。

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!