「限られた中」で明るい未来展望をふと思う。

過去2020年4月22日に書き留めていた、記事をピックアップしています。


これからの10年後20年後と展望を考えていくと、幾つもの「夢」を何個も何個も考えては、ついつい妄想するところから始まるのだが。幾つもの限られた選択をする時、まだ見えない未来の原因が見えた時、いつもその選択を選ばないようにしている。それはセオリーとして1000万人が「YES」と言う返事に対して、いつも「NO」と言える自分がいること。それはまだ見えない未来を思えた時、確かなまだ見えない未来になっているからなのだ。


それでいて日々現実の世界を感じ取れる事とは、そう義務的な環境でまず与えられる事は「期限」なのだ。

夢を覚ますように、意識がそぐわない重い腰を動かすように、痛烈な嫌味を感じるのだ。

故に小さい頃から与えられた「期限」「期間」の中を大切に生きることから始まるのだ。

これが社会人になり実社会に出ると、この「期限」がモノを言う。「期限」を使いこなしている人なのだ。

多くは、この「期限」を明確にすることで、予定や近い将来の計画を形に初めて出来る。そもそも仕事となれば、誰かの「夢」の中でお世話になると言うことだろう。その中をより軽快に自身との意思疎通がより出来るようになるように、または見失わないように、また意思を誰よりも強く発信しようと思う時、誰よりも「期限」を使いこなしている人がいるのだ。


”ものは考え様ひとつ前向き考えると「夢」には力があるのだろう。その為にも、それは「期限」が有ることで「夢」が初めて「目標」に変わること”

「夢」を形に変える、現実的に次の「行動」に移せるのだろう。

それはどんな他人が創業した仕事を手伝う立場としても、また創業しようと心掛けている人も同じなのだろう。

いつも大事に思うことは「夢」は必ずしも成功を約束するものではなく、停滞や憤りを感じながら、必要不可欠に「夢」や「目標」をグレードアップしていく過程だ。いばらの道も想定内の話なのだろう。

少しの失敗や足を引っ張ることとは、未経験者の価値観として「期限価値を下げるので気にするこはないのだろう」

埋もれやすいく、壊れやすい「夢」は、限られた環境の中から「自分」と言う芽を発芽される大変な期間なのだ。


諦めや、失望、苦境や前に進みたい時ほど、そういう時は、「気づき」「発想」が欲しいものだ。


自分ごとだが、前に進みたい時ほど、ふと過去のものがやはり目に入ってきたりしやすい。

一度放置してても、何故か気になる時ほど、「引き戻し」があるものだ。また、大きく前進する時ほど、大きく引き戻される事が良くある。

「引き戻しの法則」なのだ。苦境から抜け出した後、別れが終わった後、更に前に進みたい時ほど、「再度同じ出来事、引き戻し」が訪れるのだ。もう一度試されるのだ。

ただただ「引き戻し」に合わないようにするだけではないのだ。


過去に観たことがあるモノ、音楽、絵、映画さえも、昔観た時では気づかなかった事が、この「再度引き戻される」タイミングで理解出来る時がある。その時気づかなかったことや、現状の変化を見つけれるのだ。

最近ピックアップされてるのが、感染関係の映画など良く話題になってるが、作り手があたかも起こるべき未来をまだ見ぬ妄想として形にしたのかと?過去より思い抱き作った夢なのだろう。


 このコロナと言う時期に昔観たことのある映画なのだが、友人の薦めだったのでもう一度見直してみると何故か考えさせられることと出会えるのだ。
「TIME」と言う映画なのだが、年を取らなくなることが可能になった近未来で、人口過剰を防ぐため、「通貨」が「時間」となり、人々は自分の「時間」で日常品から贅沢品まで支払うこととなったストーリー。

また、通行料も「時間」で支払う必要があるため貧困層の地域と富裕層の暮らす町は実質的に隔離され。

時間の量、すなわち「時間」を十分にもて余し、持っている人たちは永遠にゆっくりゆっくり「時間」の中を生きることができるが、限られた期限が課せられてる者は、わずかな時間と解っていても、左腕に光る時間表示が0になるまで、命をかけて懸命に立ち向かわなければならない物語なのだ。

「期限」と言う万人が同じ中を生きているのにも関わらず、自由に行動出来ない、または夢すら叶えられないと言う「諦め」や「失望」に翻弄されるのだ。
今のタイミングで見直すと、ここまで限られた「期限」を明確して前進していく(生きていく)価値を改めて考察させられる内容なのだ。

現実世界でも、誰かに「期限」をもうけられてることはあるだろ。

「期限」で物事を考えると、千差万別の価値観にもよりるが、

“何かより何かがやはり大切だ”と気づかされるストーリーだと思うばかりです。

あなたは人生の限られた「期限」の中で、この「期限」を持ってして「大切なものはなんだろうか?」

「期限」の中で生きる優先順位を改めて考えさせられることです。


大きな「夢」の中で進んでいく「目標」こそ、より多くの選択肢(ステップ)があるのだろうと思うばかりですが、そこには理不尽や不道理なものもいつもこれからも沢山ある事が前提なのだ。

同じ時間軸を生きているのだ、「限られた期限の中を」過去に生まれた先人たちはその「期限」を生き、その年、その年代の人は皆0人になるまで星になるのだ。

永久に世代を跨く「期限」を持った者はだれ一人いない、故に「与えられた期限価値」とは、多大なる価値で間違いないのだろう。


コロナとは、人生100年時代と思っていた矢先の出来だけに、より一層、「夢」や「目標」の在り方が弱くなりそうな時期だが。どのように「期限」を使いこなすかで、その1秒の喜びが何倍にもなって帰ってくのだろう。


ビジネスでいうステップアップと言う言葉は、良く用いられますが、目の前の壁をよじ登る為に、一度原点にフィードバック(引き戻し)の工程はよくある事ととしたら。
この苦境が「引き戻し(フィードバック)」としてそうであれば、決してその苦境のままである事はないのだろう。確実に大きく前に進む工程には、いつも1つ戻る「引き戻し」の「期間」と言う事。

フィードバック「振り返れる期間」として「温故知新」にヒントがあるのでしょうか。

前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりして、新たな道理や知識を見い出し自分のものとする気持ちが大切なのだろう。

古きものをたずね求めて、豊かになれることも、新しいものが見つかることも、いつも思うに結局、表裏一体なのだ。


そしていつも 「期限」の中に生かされ、常に「前に進む時」は「選択肢」が用意されていること。「諦め」や「失望」にかられる事なく。

大切な「期限」の中を、様々な「期限」を使いこなして更なる「未来」を構築したいものなのだ。

ただ自分に「与えられ期限の価値」を知り、自分の夢があるなら、誰かの夢(心の火種)の犠牲になることは大いに間違いなことなのだ。

また他人の「与えれた期間」を覗いていても価値はないのだろう。いつも「”与えられた期間の価値”」に気づき「限られた価値」を明確にし、どんな時でもオリジナリティーに溢れた明るい夢(心の火種)を絶やさない「期限の使い方」を持ってして豊かになっていきたいものだとふと思うのだ。

関連記事

  1. 「不自然な力」と「自然な力」あなたはどちらを使う。

  2. 「天秤にかけた判断」についてふと思う。

  3. 「優生である為に」ふと思う。

  4. 「限られていく環境」についてふと思う。

  5. 「はじまりはいつも光が指す方」にとふと思う。

  6. この世で得たいものついてふと思う。

  7. 「投資」と「実社会」についてふと思う。

  8. 「適正な価値」や「答え」が知りたい時にふと思う。

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!