「心底強くなれる健康の力」についてふと思う。

健康について考えていると、投資の世界と健康とは、常に比例して考えられている事が実に面白いのだ。

「秘薬」的な要素がどちらも必須なのだ。副作用の無いオーガニックな「秘薬」を紹介しよう。

投資の世界とは、お金に働いて貰うだけに、取り扱い方について「消費」以上に、その知識が必要になる。
お金がある証明が消費と言う一筋の表現に陥ると、波乱万丈なストーリーも生まれる事があるだけに、
お金を「死守」する知識がどれほど試されるか、やせ我慢をさせられる現代なのだろう。

それは長い人生を全う出来る現代において、資金の在り方と健康の在り方を間違いなければ「二度目の青春」を味わえるとされている。
人生を二度に渡り、2種類の人生を選べると言うことなのだ。
人生プランニングを設計設定を50歳または65歳と言う風に区切りをつけ、再度新たな道を確立する計画性が必要とされている。
同時に起こっている現象は60歳以降の道筋が確立されていないことなのだ。

只々60歳以の人生モデルを過去の事例から用いる事で、同じ歩を辿るだけでは「保てない事が沢山立証されてきている」
過去の老後モデルを用いる事で、良く知られている事は、病気の悪化や認知症、言語障害や機能低下など、このような悪化モデルは、隠居と言う憧れの生活を初めて6か月以内に発症またはその傾向が増加するとされているからなのだ。

より短期的な健康習慣の維持だけではなく、より現実的に長期的なプランが必須とされる。

以外と健康習慣と思える表面だったものではなく、投資をしていると以外と自己のコントロールとして「健康」とは奥深いものだと思えるのだ。

健康としては、ランニングやウォーキングだけでなく、それ以上に人はある程度、治癒能力が備わっているだけに、現状損なってきた健康、また損なった身体を治癒力を通じて、
日頃さらに向上させておきたいものだと思うのだ。

回復力に、投資ではないが複利的な効力はないものかと思うのだ。

食べ物や運動、それ以上に健康にさしてくれるには、何があるのか?

それ故、自身を創り上げる事やダイエット、鍛えあげる事など、自分と向き合う事でよりいっそ向上出来るのであれば、
身体だけではなく、心身共にバランス良く向上したいものだといつもふと思うと実におもしろいものなのだ。

遥か昔よりこの国では、困れば「唱えること」
「唱和すること」 によって、より現状を打破する為に、さらに求めるものや望んだ世界観を構築してきた歴史がある。

それゆえ、その「唱える」ことで、実は「直観力」がもたらされるとされているとされているのだ。

人間の身体とは不思議なものなのだ。人間の取り扱い説明書が今日学校でまず習わない事が不思議で仕方がないのだ。

人の一生とは、そのものが吐く「言葉」そのもので決まるとされるが、
自身、日々何を唱えて生きているか?と言うことなのだ。

毎日1時間「悩み、文句」を発っしていると、実に人生の約3~4年間以上にも及ぶそうなのだ。

何か1つ毎日「唱える」ことで、人生、いやその人が出来上がるとしたら、間違いなのだろう。

触れる言葉や発する言葉によって、特にこの国の日本語を扱えば、実に奥深い信憑性があるのだろう。
よく言霊と言う事を耳にすることが多くなった現状とは、人生で困った時や思いがけない出来事が起きた時やはり人は、
精神面に立ち返る心理が良く働くのだろう。

その様な状態に陥る事無く、精神の在り方を求めている人ほど、言葉使いが繊細なのだ。

それ故、自身が変貌をとげたいのなら、まず「言葉」を変える事だとされているが、
この国特有の「言霊の力」とは、使い方によって実に、細胞レベルで働いくれる代物と言うことなのだ。
窮地に陥り、精神に参る状況のみ精神を鍛えられたのではなく。日々その用いる言葉を意識すること。

「唱える力」は、意識していることを格段に引き上げる力となってくれるのだ。、更に行動において、

“「直観力を与えてくれる。」” 精神が身体を律っしてくれるのだ。

真っ直ぐ「見る」ではなく、真っ直ぐ「観る」とあるが、この「観る」とは「心」で物事を観ているとされ、
どれだけ曇った中でもその真意や本質は観てとれてしまうのもが、「直観」なのだろう。

只々、人の表面を見ては愚痴を吐くだけの目線では、無いも自身の精神で物事を観ていないのだろう。
この「直感」では、物理的にとられられた感覚であるだけに、心身共に鍛えあげてくれる要素ではないとされる。

それ故に、こういう風に身体の一部でより大切な「魂」や「心」や「気」なのどは、「目では見えない」ものがほとんどだとすると、
こいう見えないものを鍛え上げてくれるのも、「唱える」「言葉」が肝心なのだろう。

さらに「唱える」ことで未開の心に、必然と意識した情報がやってくる。それが「直観力」の力とされている。
引き寄せではないが、いつのまにか、「直観力」が増し、素人からプロの域になれる過程として、意識した量とその質の結果、ハッキリ今の人生において現れているのだろう。

唱えた量が、響くのでれば、実に
ダイエットや筋トレで例えるのであれば、少なくても回数に合わせて、
自身をコントロールする上で、
“どう「唱える」ことが ”最も大切であり、数が問題ではないこと。

「唱える」内容を数回、「意識して」唱える事でよりその効果は情報量と共に引き上げられるとされているが。

少なからず数回「”動作を美しくすることに意識したり”」「”キレイになる”」と「意識」した方が、心身に絶大に効果があるとされているのだ。

この身体は、心身から先に働いてもらった方が、機能するとされているだけに、
まさに料理1つも「おいしくなると思って作った」料理にはやはり美味しいものがあるのだろう…

毎日「唱えるのであれば、何を唱えるだろうか?」

より「唱える」ことで「意識」し、「直観力」として冴えるまで、他言ではなく自身が自身のパイロットとして、今していることをハッキリ心身に伝えてあげることで、身体または細胞、それ以上に発する気から全て心身共に変えてくれるとされているだけに、

「唱える力」とは、遥か昔より唱えて来たものが世界各地にあるだけに、その宗教的概念だけに囚われるのではなく、
その有意義な必要性を上手く取り入れることで、自分に「唱えること」で、その通常の力以上に、心身共に呼び起こせるスイッチなのだろう。

忘れがちなビタミン剤だけでなく、健康とは、「食」「身体」の健康習慣だけでなく。

スターウォーズのフレーズぽいのだが、
その「心」と共に有る「言葉」が何より健康でいれる最大のサプリメントなのだろうとふと思うのである。
人とは不思議な仕組みなのだ。

自分だけのサプリメントとなる「言葉」を常に持とう。そして長い人生をより精神から健康にあるように。

フォースと共にあることを只々祈るのだろう。

関連記事

  1. 「次世代の環境」についてふと思う。

  2. お礼とアーシングの旅に

  3. 「人生をコントロール」することについてふと思う。

  4. 「逆境はいつも2度美味しい」

  5. 幸福になる為の「責任」についてふと思う。

  6. ちょっとの「熱意」と「チャンス」についてふと思う。

  7. 「2極化の世界」についてふと思う。

  8. ネットに戦う新たなメンタルヘルスケアについてふと思う

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!