「あるもの」と「ないもの」についてふと思う。


時間がない・お金もない、時間があるのに・お金がない。または、お金があるのに・時間がないとき、自然の法則の中で生きているとしたら、何が間違っているから、不自然にもおかしく機能してしまうのだろう。

一番良いのが時間もあって、お金もあることとすればと多くの人の根底の理想なのだろう。


この現実社会で毎日が進行と後退、または「ステップ」と「アップ」が繰り返される。
「あるものを増やす」「魅力を増す」「スコアを伸ばす」「利益の最大化を目指す」など「伸び悩み、伸ばす」事に、毎日寄与していることを少しでも意識しているだろうか?

無意識の生活リズムもちろん反復的にこなす仕事とはいっそのこと意識して伸ばしたいと思うものなのだろう。

自分の不足、自分を知っておこなっている者と他者と比べて行っている者が居るとすればどうだろうか?

とてつもないどちらも現状打破の為「欲」の話だとすればよろしくないが…モチベーションの為にポジティブに考えてみるのだ。


それでいて現在の現状が”最良”として「変わらない」ものなのか?どうか?それは保てているかどうか?が重要とされる。
「アップ」したい時、ステップ・アップの「ステップ」の段階なのだろう、その時程どうあるべきか。

経済的に言うと「全ての事が同じ状態の事が望ましく、他の条件が一定ならば良いとされる。」割愛。
何故なら「目的・目標」為に、変わりたい姿やスコアや収益の為に、望んだ分 今現在から「突出」しなくてはならないからなのだろう。
要は、アップしたい時ほど、他の力関係以外に自ずと何かが間違っていれば見事に「ステップ」の段階で後退させられる時なのだ、これを「ベンチ日」と言う。

「望んだもの事に対し、どういう状態が望ましいか再確認が必要なのだ。」ベンチスタートの日とすれば、その状態は万全なのか?(他者と比べた時、冷静にこう思えるだろうか)
常に「何かは沢山あるが、何かは足りない。」(自身を知る為に、自身の不足と向き合っているだろうか)


そらは全ては保たれているか?どうか?それはより準備や向上するには、よりあれもこれも沢山必要とされると思いがちだが、本来は全てが自分の自身にあった「一定」を知らないといけないとされる。

なぜなら現状保つ事ほど難しいものはないとされている。「一定に必要なもの」そう自身の一定を保つ為に「あるもの」と「ないもの」を知ることなのだろう。


現状のパフォーマンスの向上は、その考慮する思考として”ベンチスタート”「下げるシステム(一定化)」が必要とされる。

目指すもの為に、向上するものをひたすらスキルとして身に着けるたり、奮闘する事は結局長期的な効力には乏しいとされる。

前者と後者においての違いから「ステップ・アップ」する為の「最終共通点」として、それはステップ・アップとして「突出する事」を理解しなくてはならない。

「突出の仕方」など千差万別としたら、間違いに気づかされる事もあるだろう、それが平常時だとすれば、また元の場所に戻る事は日常茶飯事なのだ。


何かあって、何が足りない。「突出」前の「一定」とは、現在の向上、更にその先に数少ないチャンスがあるのだろう。

また、チャレンジ後の再確認として一定基準の管理の中、再編が組やすとされる。相互的に足りなかったもの、足りてることからの修正が早いとされ補完しやすい。よって「一定力」とは基盤が拡大する。「突出」前とは修正が最小限になりやすい。

投資や株式など、特に為替では「自分自信を知ること」また”収益”は、自分の鏡とされるだけに、全ての事が影響するとされる為「一定」とは重要なのだ。割愛。


“何かがあって、何が足りない時” ほど、自分だけの「一定」を知り、自分だけの一定を保つ環境で望めばそのパフォーマンスは自然と上昇することを体験出来るとされている。時には「ベンチの日」があったら、 兜の緒を締め直す、靴紐を締め直す再確認のチャンスなのだろう。


「とはいえ…具体的な進展先はみつからないが、無駄に誰かと比べたりしてても、結局毎日ベンチスタートと思えばバカに出来ないチャンスなのだろう。」


有るものと、足りないもののに目向けるこでその「一定」を知り、「一定」とはその維持の為に出来る、最大の「回復力」なのだろう。

そう思えばこの話の根底にある重要な裏テーマは「回復力」なのだろう。「一定」を保ち続ける「力」自身を「回復」される力が向上すると次第に「抜き出る力」として「突出」している、気づけば向上してる。そんな時が誰しもあるのだろう。

頑張る自分を無駄にしない為にも、「一定」の現状を大切に取り組むことで無理なく自愛ある働き方で「ステップ・アップ」して欲しいとふと思えるのだ。

関連記事

  1. 「2極化の世界」についてふと思う。

  2. 「次世代の環境」についてふと思う。

  3. 「情」と「条」でスキルアップすることについてふと思う。

  4. 「幸福へ進化する過程」についてふと思う。

  5. 「不自然な力」と「自然な力」あなたはどちらを使う。

  6. 「限られていく環境」についてふと思う。

  7. 「逆境はいつも2度美味しい」

  8. 誰よりも「優位性」であるべき思考ついてふと思う。

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!