「2極化の世界」についてふと思う。


過去2020年5月19日に書き留めていた、記事をピックアップしています。

SNSの普及と共に「アンチなコメント」が目立つようになった時代だけに、何故「アンチ」が目立つのか?

相手への懸念として受けとれる事だが、中傷とされるアンチ発信者は本人のネガティブな感情のバランスをとる為だけに発信している事が多いとされている。

影響されやすい人ほど、感情の「投影」と言う心理状態が発動するとされる。

自己治癒の為に言っているのだと思えることもあるのだろう。


ポジティブだからネガティブだからと良し悪しの判断は一概に決めれないものなのだろうとするが、本来言葉からはその本質・本意から伝えてているものもあれば、また本質からかけ離れ悪意が込められものまで「感覚」である程度その意図とは読み取れるものなのだろう。


それでいて対処者に良いもの「肯定」と言える人もいれば、良いものを「否定」する人もその背景は、様々な「私利な世界観」なものなのだろう。


それは何故か?

アドラー心理学からすれば、幸福を得ようとする人は、まず内なる「コンプレックス」と「劣等感」消費しようとするとされる。
人間の中に「善・悪」「清・濁」の世界が常に先入観や経験やトラウマから培われた思考として成り立つのであれば、「ポジティブ感情」「ネガティブ感情」の判断としてその「スイッチ」はどこからくるのだろう。


ポジティブ度、個人差には最大で64%の「遺伝的影響」があるという結果が出た研究もあり、人の内面の感情は、その人の精神的な状態に影響を与えるのは勿論、身体的、さらには「経済的」な状況とも関連があると考えられていること。

また、ポジティブ度が高い人のほうが、そうでない人より死亡率が低いと結果がてでいるだけに、これは健康である人にも、病気にかかっている人にも当てはまる根本とされている。


さらに実際にイリノイ大学の卒業生を対象に行われた研究では、大学入学時に測定されたポジティブ度と、大学を卒業してから19年後の収入に関係が結果として発表されている。

なんと、最もポジティブ度が高かったグループとそうでなかったグループには、平均年収において1万5,000ドル(約1,500,000円)の開きがあったとのこと。


また、 ハーバード大学マクリーン病院の研究グループによる研究では、ポジティブ度の個人差と、遺伝子との関係が研究された結果。


研究の結果から、3つの遺伝子 最もポジティブややポジティブそしてネガティブの遺伝子に分類されること。割愛。


最大で64%も感情や性格に影響を与える人間の基盤であるとすれば、同じものをポジティブとネガティブに与えても勿論2極化しやすいとされている、また統制や考えがこの「2極化」の割合によって変貌しやすい世界であるとされている。


今現在の世界において、残念ながらネガティブ遺伝子の割合が多少多いとされているが、ある次元の段階から生まれてくる乳幼児の遺伝子の割合がポジティブな遺伝子が多いとされるのだ。割愛

今世紀においても世界の争い事や世界情勢、または世界のトップの遺伝子はこのネガティブ遺伝子とされているが為、根底に「ネガティブ遺伝子の発起」とされている。世界の縮図は、ネガティブな思考が鏡になっているとされているだけに、自分もネガティブなら相手もネガティブだろうと言う思考なのだ。


それでいて「ネガティブ遺伝子」のネガティブ差は、「ポジティブ遺伝子」に向けられて来ていること。「ポジティブ」と「ネガティブ」の楽しみがちがうからなのだ。それでいて、それはここ近年生まれてくる割合は、実に面白い。

「ポジティブ遺伝子」の子供達なのだ。これはこの「2極化」の根拠をもって世界をれっきとして見ている人達が存在し、段階的に割合が増えて来ているとされていること。


「ポジティブ遺伝子」は、ネガティブの存在により覚醒、またはネガティブに属しさすいとされたいるが、年代別にこの遺伝子の割合がポジティブに増加される事を懸念した世界の動きもあるとされているのだ。

特にこれからの子供達の「ポジティブ遺伝子」は、天性の遺伝子と認識されており、特に子供達の「ポジティブ遺伝子」の迫害が増強されている。

それでいてポジティブ遺伝子は更に進化しており時代の変貌の先駆けとなる役割をもちろん占めているものとされている。
“こうした「2極化」の世界において、「日本人」は「特別」な存在とされている。

前回も投票したが「日本人のDNA」は、このネガティブ遺伝子に対して”「本来は特に特に強い者」「特別な国として」「国境を越え国を変える」「または世界を変える遺伝子とされている」「本来は類を見ない者」”の為、世界からより「特に強く迫害されていること」”本来の日本人なら2極化したら考えやすのだろう。

日本人の迫害において、身近な例になぞると働き方なのだそうだ。世界と比べるとバカンスがない国として、勤勉に働かされる環境とは、与えられた8時間労働以上の環境も前向きに取られ働きかけ世界と肩を並べている。

これらの環境は実に「ネガティブ遺伝子発起」とされている。

それでいて世界的に見ても日本の幸福度著しく低いことは、これに関与していることなのだろう。

それはこの2極化において「自分と向き合う時間の迫害」としっかり理由が根底にあること。
それだけ”日本人の精神の発起は世界の権威”とされているのだ。日本人の目覚めは世界の権威なのだ。


世界が「定時」に仕事を終え家族と向き合う時間を大切にし、また「バカンス」を数ヶ月持ってして自分と向き合う時間を大切にし、クオリティーの高い仕事が出来ることは「自分と向き合う時間」と「余裕」を根底に行える環境もあるからなのだろう。


こうして、日本人のDNAであり「ポジティブ遺伝子」特に日本の近年の子供達の迫害の懸念は特に、蜜によって「寿命をコントロールされやすい。」とさらている。

近年では、人口の減少は一県規模の人口が減っているとされ現段階だは鳥取県の規模だそうだ。こうして日本人の人口が減ること、食の迫害や土地、市場まで迫害やされてることなのだろう。


こうして「2極化」された世界だが、こうした一面を持って、どうあるべきかまた考えさせられることなのだろう。三大欲に抵抗するのか?

三大欲、争い、支配力、によって「ネガティブ遺伝子」は自らネガティブ遺伝子の衰退が起こると予測されている。

何より人間の中には善悪・清濁共にあることがもとより備わっているのであれば、より良い人生としてどう有るべきか考えれるのだろう。


どんな時も 過酷な環境としても日本人ならそんな環境もポジティブにこなしている現状、「収入」や「健康」や「楽しい人生」に寄与出来るなら「笑う門には福来たる」という言葉がありますが、「笑う」う生活が出来ることが本当の幸福なのかもしれないのだろう。


アンチだろうがなんだろうが、いつもながら笑って生きよとふと思えるのだ。

笑福。

関連記事

  1. 「精神的な兆し」についてふと思う。

  2. 「あるもの」と「ないもの」についてふと思う。

  3. 「日本国民の優位性が無くなる日」について

  4. 「封じられた日本人」強くあるべき姿についてふと思う。

  5. 大きなチャンスの為に理不尽に対する主張が出来ますか?(後編)

  6. 「感情は臓器で作られる」についてふと思う。

  7. 「情」と「条」でスキルアップすることについてふと思う。

  8. 諦めないから作れる「心の環境(笑顔)」について

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!