「日本国民の優位性が無くなる日」について

自分の環境とは、自分だけが心地よいと思える環境に浸れる努力と創造の証、そう思えることだろう。
何より全ての優位性となる自分に見合った生業からもらえる対価なのだから。 

国民が国民に与えられる対価が今存在してるから豊なのだ。

これが誰からもらうことになるのか?

その対価をどこから止めどなく算出し自分の手元を満たせているか。

その一人当たり満足いく収益をどのような優位性に寄与し貰い続けていけるか。

そこには攻め続ける努力では無く、これからの時代「守り続ける思考と努力」が必要になってくるのだろう。

与えられている環境の優位性、沢山の恩恵を貰い続けれるこの自然豊かさも間違いなく世界から比べれは、
とても価値のある優位性なのだろう。実感しなくてはならい。


すべてが整っている全てが生産出来ている環境の使用価値を理解し続けているだろうか。この日本の価値が他国と比べて比にならない価値の中生きているそう思える日がいつまであるだろうか?


そう実感出来ている中に価値や英知をまた創出し続けれるそんなポジティブな要素を未来の為に見つけられるだろうか。

この国は「比にならない優位性あること」

この整った環境が、世界と比べ「島」であること。他国にネットや新聞など時折島国と解説されることも当然理解できる、そんな世界から異様な発展と経済力と世界に誇るものがあるとそう自分たちの満足に浸り続けているのでは?

または悲観的にも何一つ満足いく人生をこの国で生まれながらにしても実感出来ない。そんな風にしかこの国の価値すら計った事が無い。またそうなんだろうか?

今戦後の異様な発展と共に急騰した経済の持続性を糧に、世界の発展や急成長に目もくれる事無く満足し続けれる。世界と比べれば島国であろうと裕福だとそう満足に浸れ続けれるなら問題ないのだろうと自負出来るそうなのだろう。

このような「観点」自国を島国と評価することなく、満たされた環境と認識することなく、また自分の生産価値が世界的に比べる事無く満足していると思えるすべては只々またとない隣国の脅威や侵略からのリスクをすり合わせすることない「観点」だけなのだろう。

戦後の各種分野の発展により、「脅威」の在り方、「認識」の在り方が大きく変わって来ている「節目」と言うことを知っているだろうか。

モノの発展と共に精神の発展を遂げている他国が後を絶たない時代、人とモノのもたらす「脅威」から新たな時代の「偏見と目的の為」に、今までにない新たな時代が訪れるのだろう。

自国の観点と自国に浸れる優位性からしか見れない、満足と利功が著しく盲目に浸れているまさにそうなのだろう。

モノと人の発展により「他国は人も進化果たし」「モノも進化を果たし続けているのだ」

そんな進化を国家的に行っている国の在り方は何故かしっかり読めるだろうか。
人の進化により、進化していない人と共存する「脅威」をしっかり認識しているからなのだろう。
大国は大陸で繫がり自国の優位性をリアルに他国と比べる文化が歴史であり、それ以上に科学的にもまた研究の分野からしても求めれて来ていたスキルがいつも発展としての結果なのだろう。

テクノロジーの発展と共に共有し合う時代、人と人のスキルが世界規模で擦り合わさられ甲乙順列を成すからなのだ。

自国で生きる為に、学ぶことは食べていく事を前提にその必要な目的の範囲から得られる情報と目標的スキルが違ってくる事は理解できるのだろう。

それ故世界ではまず、食べる事も出来ないでいる理由に政治的な汚職が蔓延していたりと労働基準まで整備されず、頭にレンガを乗せ働き1日当たりの給与とは人ひとり満たせない環境で大学を目指す人たちが、新たな環境を求める為に世界の水準、またはそれ以上のスキルを持って他国を求めている。

そう「他国を求められること」

「他国を求めるこ、それは旅行や仕事以外であるだろうか?」

「世界の大陸は、他国を求める、その為に世界に引けを取らない人に進化し続けているのだ」

この求められる理由がわかるだろう? 日本と言う国の価値、世界の誰が求め続け何百年も前からゆっくりとゆっくりと求め続けられているの事を。

不落である島国の評価今はどうだろうか?

いつまで日本と言う国の優位性を肌身で他国から評価し続けてくれいるだろうか知っているだろう?

世界情勢とは、ニュースで我々が理解する以上に張り巡らされた情報がいち早く共有されていること。
軍事から教育、経済など事細かに世界は自国とその優位性を計り合いながら、その自国の成長と発展を国民に願い続けているのだろう。

そんな日本の評価が世代では大きく変わってきていること、他国の国民の経済的発展とテクノロジーの発展、教育発展求められる人進化、
国家的に育てられた世代が世界を行き来している中で、世界のスキルでも求められない環境が日本にある豊さなのだ。

歴史的に見ても手に入らい不落の島国と評価されている歴史とは戦後の経済の発展と共に過ごした我々の自己欺瞞なのだろう。
既に世界が求められる進化し続けている結果と国内で求めれれる評価が著しく力関係としてもうこれから表れてくるのだろう。

香港の20代の政府関係者の知り合いと台湾人の投資家と会話する機会があったのだが、この今の20代の若者は過去の情勢や歴史から知れる情報ではなく
今発展している評価とこれから求められる評価の為に、今ある他国の情報は欠かせないと重要性について話してくれた。

その中で今ある日本と言う国の評価は過去発展途上国と言う価値で無く、全て他国に買収されている国と言う評価的な話題が若い世代の評価なのだ。このように若い世代では日本国民の評価が昔と比べ過小評価されていると言うことなのだ。

それはイギリスの新聞でも同じなのだろう。日本では大事ではないが世界は日本の大学が中国に買収されている事に大バッシングの記事を連日報道されている事も含め、その様な教育を受けた日本人として過小評価されは話題は勿論される時代なのだ。

 
この日本と言う国をどう思うかについて、他国の評価とは著しく「今の日本は発展しない国として、経済的発展している評価世界水準で評価された、さらに発展する水準を他国に求める事なく自国の中で豊な環境が整っている事はとても妬ましい」と、だから世界の多くの人チャンスを世界から探す為に、人もモノも発展と遂げるが、発展と言う為の世界水準として他国に求めなくても豊かに暮らせる事は、多くの世界の人がチャンスを狙える国として認識されていることなのだと、新たな世代の若者たちの認識とはその他国以上のスキルをもって生きる為の力を持っていると言うことなのだ。

このような発言を耳にしたとき全てが繋がるのだろう。

既に発展途上国と認識では無く、発展し進化をとげ世界で共有するスキルを持て見ると、日本とは自分たちのチャンスの場であると言う事を話してくれたのだ。
それだけ環境の在り方を求める為に、世界の国民はその学業やスキル科学が専門性持って他国で活躍する事、日本人よりそれは他国の国民が多くのチャンスを手にする為に今があると、そううたっているからなのだろう。

脅威でありながら共に発展を遂げられるだろうか?

何百年も前から豊かであり不落の島国は狙われていること。この他国の発展していく人のスキルが何事もまた他国の事であり無く日本に影響がないと思えるか?


国内の出生率が著しく2019年度では、100万人を切る約80万人なのだ。
それと対照的に増加し続けているのが、海外労働者の人口は約170万人と言うバイアス掛かったの構図はいかに、偶然の産物ではない事をしっかり考えなくてはならいのだろう。

国内の出生人口と海外労働者の人口増加による、日本人の人口増加とは日本人として増加が起きるのではなく、海外労働者と自国民の混血国家としての出生率が高まりつつ移行され始まったと言うことなのだ。

国民の優位性が著しくなくなるかどうか?

国内の正社員の雇用形態増加は著しく、非雇用形態の増加が止めどなく進む中、正社員登用が用いられるのが海外労働者と決まっているのだ。
この序章に過ぎない始まりと世界的日本の過小評価がもたらす、国内の国民の優位性とその寄与し求められる価値が世界水準から低ければ低い程、その需要が著しくなりやすいと言うことなのだ。

それ以上に今いる環境を網羅する為に、既に国内では多くの高校が買収されその生徒比率は90%も中国人の生徒達が今日も勉学持ってして目標を掲げている。「国内の政治や経済のトップ」になるべく目標を掲げ今もこの国内で勉学を励んでいる集団と認識すればいいのだろう。

このように世界の一部の若者の思考が大体的に、日本国民へ向けられた「ヘイト」や「偏見」となりうる懸念も増してきているのだろう。それは世界と並び働く時、そのスキル格差による偏見が生まれる脅威なのだろう。

国ないで、出来る出来ないの求めるキル以上に、求められるスキルは高く高次元な人が世界で存在していること。

世界はついも準備をと整えてそのチャンスを狙っているのだ。

いつの日にか日本国民が世界水準の下で働かせられる時、今以上に納得の収益を守り、そのスキル求められるスキルと同等の成果を文句を言わづ僻む事無く結果として出し続けれるだろうか、その真の価値をもってこの豊を守る以上に「自分と言う優位性を死守しなくてはならない」日が来るのだろう。

シグナルはいつも発信されている事なのだろう。

一言:”1つが現れまた1つ現れた 2つが鳴り 3が始まる 3を守る 備える力 旅が始まる”

関連記事

  1. 日本の「原点回帰」についてふと思う。

  2. 「世界のバランスの本質」についてふと思う。

  3. 「天秤にかけた判断」についてふと思う。

  4. 「逆境はいつも2度美味しい」

  5. 「封じられた日本人」強くあるべき姿についてふと思う。

  6. 「限られていく環境」についてふと思う。

  7. 「情」と「条」でスキルアップすることについてふと思う。

  8. 一線を越えていける「3つの時間」についてふと思う。

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!