諦めないから作れる「心の環境(笑顔)」について


近年の市場動向の変動は、必須として「心の健康」に向けられた市場開拓に向けられている。

それだけ会社や家庭において生きるパフォーマンスの向上を心掛けるにあたり、改善すべきは、個人単位の問題がネックとなっているからとされている。 


良い流れを持って何事も、余すことなく順調に過ごしたい、自己肯定感の表れともいえるのでしょうか。それは個人単位の活動として、ヨガやマクロビ、筋トレ、呼吸法など様々な健康市場が後押しをしていることが理解出来るからなのだろう。


それはプライベートの問題だけではなく。人材のパフォーマンスの向上として、日々の損失の分析からある欠点を取り上げデータがあり、 ビジネスで成果を出す人は自己肯定感が高く、問題を起こす人材は自己肯定感が低い傾向にあるとの事なのだ。


 自己肯定感の低い人は、他人の基準で自分の価値を判断するので、常に周囲の目が気になって仕方ない傾向を持ち。 今すぐそれを止めて自分自身の存在を「自分で認める力」を取り戻す活動として、人材育成が広がっていることとされているのだ。


自己肯定感として、人材の1人1人の心情「心の健康」まで育成するまで、世の中の市場傾向は、変わって来ている事なのだろう。
社会人にとって会社で求められるスキルとしては、チームプレーとして各結果を求めると、更なる向上を底上げする要素となっている。


従来、個人の抱えている悩みはそこには存在しないとされ、会社やプロジェクト単位の結果を求める事が当然であり、個人の抱えている「悩み」や「私情」から与えられる影響を吟味するそんな仕事は存在していないとされているからなのだろう。

枠組みの中に求められる「謙虚差」が重石となって来た時代があることが原因とされている。

結果に対して、良い悪しのアプローチがはじまる事から、自己肯定感や損失感、私情とはかけ離れた育成として懸念材料とされてきた事が原因となる。


本来は、個人のパフォーマンス「やる気」「冴えた状態」と同時に、悩みは勿論トラウマまで抱えた状態が誰しもあり、その人としての「モチベーション」を求めることが大事とされている。


「謙虚」である以上に、健全化した「心」を目指す人を求めることは、物質的なステイタス以上に、精神的なステイタスの向上持って、日々の活動をインプットするだけでは無く、アウトプットする過程として、より「健全な状態」でありながら、本来の物事をより高次元で完結していく動機に繋がるからである。

更に最良なものにしようとする市場影響が求められるからなのだろう。


時代が不足してきたものを補う市場と言えばよいのだろうが。個人の存在価値を肯定する、「心の健康」とは何だろうか? さっと答えが浮かんだろうか?


家族や恋人以上に、社会においても会社や社員との間柄に共通した道徳感が必要とされるのだ。


本来人として、沢山物事を知っているより、より人として、大事な事を知る事として各分野が存在するが、道徳とは深く掘り下げて学習しない限り物質的な市場構築の為に手薄にしてきたことなのだろう。


よって、人材育成として道徳観念を共通化する事、更に「チーム」で行う事が解決策とされている。「自己肯定感」の在り方は、ただ個人単独で肯定された気分になるより、遥かにその効果が発揮される環境として、意識的に取り組める「チーム」が必要不可欠とされるのだ。 

共通認識力の数値が高い程より互いに効果が高められること。


道徳観念として、他人の「尊厳性」を肯定しあえる習慣としての訓練なのだ。


 意図的に肯定しあえる力に気づいて、自分の思考や行動を自由に選択できるようになると、関係にある重石がなくなり、毎日のように「自信」と「自己肯定感」が蓄積され、何より大事な事は、自己否定がなくなること、そうなれば次のような変化を実感できるようになるとされている。そうこれが風通りの良い環境と言うことなのだ。

先入観とは以下に言動の根底に根付きその者本来の価値を下げている事が理解出来ると言うことなのだ。


誰かと自分を比較してイヤな感情を持つことが意図的に無くなるなど以下の結果が訪れる。

自分の考えや感情に振り回されなくなる  ・思考が整理され頭のなかがスッキリしてくる  ・自分がこの現実をつくっているのだという実 感が湧いてくる  ・自分の意思次第で現実を変化させられるよう になる  ・人との出会いやコミュニケーションが楽しめるようになる ・自分と相手を愛せるようになる  ・毎日気持ちよく仕事ができる ・仕事で良い結果を出せる。


このように環境や対人関係在り方の観点からの話だが、組織成功モデルの価値を高め、”チームの思考を高め、チームの行動を高め、チームの結果の向上に繋がる根源を求める。

「自己肯定感」とは、個人の、「尊厳」を尊重し、「心の健康」の在り方を高める事によって次なる成長ステージを互いに与えあうことで、ちょっとした意識のありかた次第では、今からでもパフォーマンスが変わる環境を構築できる事とされているのだ。

諦めない姿勢がいつもチャンスと結果に繋がるのだ。そういつも様々な知恵と知識と出会える事で解決出来ることが必ず出来ると言う事を「学」を持ってしてどう在るべきかまた鍛錬したいと思えるのだ。


人生は、前に進めば進ほど、積もり積もり清濁汚れながらでも前に進めるなら、いつでも少しの選択(洗濯)をするだけでまた、また綺麗な(望む)人生にもなりえるのだろうとふと思うのだ。

一言:”1つが現れまた1つ現れた 2つが鳴り 3が始まる 3を守る 備える力 旅が始まる”

関連記事

  1. 大きなチャンスの為に理不尽に対する主張が出来ますか?(後編)

  2. 「危機感の力」についてふと思う(PART2)

  3. 「知識」と「知恵」どっちが大切なのかふと思う。

  4. 「価値を示す人生」についてふと思う。

  5. 「人生をコントロール」することについてふと思う。

  6. 流行りの「鬼滅の刃」を見てふと思う。

  7. 「世界のバランスの本質」についてふと思う。

  8. 誰よりも「優位性」であるべき思考ついてふと思う。

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!