ネットに戦う新たなメンタルヘルスケアについてふと思う

「精神の向上を望む」こととは、日々の生活の活力になる基盤であり毎日が前向きで明るく希望に満ちたものに
出来る唯一の自愛の精神なのだろう。

自愛として自身の精神面を心から大切にしているか?そう自身に問いただしたい。他人が精神をずっと管理して来た事はいつの世も存在しない事は当たり前なのだ。

人としてこの世の中に生まれてきている人間全てに「精神」と言う未知なスキルが備えられている。
この「精神」または「心」と言う概念や枠組みとしてどこまで使いこなせているだろう?

人として死ぬまで、自身に与えられた「精神」を使いこなし、人生の荒波を乗り越えるはずなのに、
「精神」と言う部分について、教科書一冊分ぐらいの知識でも培えただろうか?

生きる根底にある「精神」を理解せずに生きることも、また数ある生き方の正解だとすれば、より豊に幸せな世界が
その先にあるとしたら、自身に与えられた「精神」を使いこなしたくなるなるだろう。

何より「精神」を客観視して理解している事は、より深い深い海に潜るようなものだとしたら、現在において様々な社会問題となっている部分の大半がこの「精神」と言う深い海の表面をなぞる所で起きている出来事とされている。

人が人として生きる根底にあるエネルギーの原点を良く使いこなすのか、悪く使いこなすかでその用途とは原子力の様なものなのだろう。

「自身、あなたが唯一の管理者でる事は間違いないことだ」

この部分がもたらしてくれる世界は、あなたの1秒1秒を幸せにも変える事が出来る、または1秒1秒と悪い方へ向かう、そんなデリケートかつ繊細にも人生に多大な影響をもたらしてくれるのだ。

性格・精神状態がネックで人生に影響を与える事は、生きていれば多々あるはずなのだ。本来与えられた性格や精神状態を生かせる場所さえあればどの数ある性格も本来は正解なのだ。

只々、場所や他者との関わりによって、その与えられた「確かな性格・精神」が更に磨かれるのだが。磨かれるだけなら良いが、精神とは諸刃の剣としてその精神を使いこなせなければいとも簡単に塗り替えられるのだ。


「迷い」「不安」「怒り」「嫉妬」や「失念」と言う様々な荒波の要素を放出するのだ。

本来「精神」に与えるものによって、原子力の様に良くも悪くも放出する対象物変わるのなら、悪いものから本来は守ら負ければならないのだろう。

本来万人が望む幸せとは、前向きな明るく楽しい精神状態なのだろう。

だとすると「精神の在り方」を求めるまたは正すこととは。常に傾く事が前提な世の中でより「精神を守る」為に勇気をもって前向きな取り組みが世界各国で発信されて来ているのだ。

何故か本来「日本と言う精神大国」が先陣して「精神の在り方」について世界に発信していて欲しいと心から思うのだが。

世界が直面している、「精神を守る」取り組み言わば、ネット環境における「メンタルヘルスケア」と言ってよい取り組みなのだ。

時代は、ネット社会でSNSを通じたコミュニケーションにより、24時間自身について見知らぬユーザーからコメントを通じて多くの意見を拝見出来るようになったこと。
膨大なコメントが人ひとりに集中することは、本来のコミニケションの数十倍の感情が寄せられることなのだ。

より投稿者の情報が親密な関係以上に知れる時代になったことにたいして、既読者から伺えることは、投稿者の知らない世界に対する妄想的や幻想的な創造から生まれる「固定観念」がもたらす「ストレス」や「誹謗中傷」「失望」から生まれる「コメント」があることとされる。膨大になのだ。

より華やかな世界の人たちの私生活を伺える時代ならではの副産物なのだろう。

また本来のコミニケションでは失礼な言動とは御法度であり、そのような御法度がいとも簡単に起こる事が前提な問環境をどう改善していくかと言うことなのだ。


本来世界明るく前向きな情報発信をもたらす事が目的な人たちも、このネット社会がもたらした「コメント環境」とは良くも悪くも本来のコミニケションのキャパオーバー以上に、火の雨を容赦なく降らす場となってしまうのだ。
「精神崩壊」や「ストレス過多」や「拒食症」「対人恐怖症」をもたらす機会が精神を余儀なく削り取るのだ。

ネット社会で生まれは、副産物は大量のコメントがもたらす影響と言うこと。
このコメント質を事前に解消していこうと言う取り組みが始まっているのだ。

本来華やかな世界や普段お目にかかる事も出来ない世界や、見知らぬ世界がもたらす世界観とは、ネット社会が普及するまでのイメージが固定概念として世界共通共有していることなのだ。
その様な人たちの「本来抱えている葛藤や逆境がもたらすプレシャーや不安」実際の世界などは、ひとかけらも伺える事が無かったい時代だけに、現代のネット社会によって生じることは「身近に感じ取れるイメージ」に移行する段階として、投稿する側と既読する側の希望的観測によるフラストレーションが「殺到しないように発信していく場を設けている」と言うことなのだ。

事前に、起きりうるフラストレーションを予測し、コメントを予防する言わばコメントのウイルスバスターなのだ。


本来見ている現実以上に、本来大変な環境や葛藤、先行き不安な現状や将来性を逆に共有していくことで、どう向き合って来たか希望していたイメージとネット社会でこれから根ずくイメージに切り替えることによって、既読者がもつイメージを改善し、コメントの質を少しでも変えようと言う取り組みなのだ。


本来前向きな投稿として華やかな投稿や、羨まれる投稿と言った投稿に終わる事無く、より混乱を招く一部の既読者にたして、実際に本当の現状を伝える投稿をより活動的に行なっているのだ。

ネット環境における摩擦部分に向き合うことは、前向きかつポジティブに対応していこうと言う取り組み以上に、勇気ある投稿によって改善していく事によってより本来のSNSの在り方になっていく希望や未来が込められているのだろう。

特に海外有名ブランド雑誌のモデル業界や海外俳優や著名人がネット社会における「配信の質」を問い、自身の投稿による誤解が生じる部分と向き合いこうしてネット環境における「メンタルヘルスケアの在り方」によって自身を守る大切さを表現している。只々配信している事から生じる問題点と向き合う事で、「自身を守る配信」をこぞって行なっていることなのだ。

「配信よって自らを守る投稿」とは、多大なコメントにより起こる「メンタルの崩壊」から自身を守る大切さを伝えていること。

楽しい、簡単、面白いで始めたネット環境としてSNSがもたらした多大な副産物と向き合る在り方がこうして、改善されて来ていると思うことなのだろう。

気づかないままの環境とは、本来の前向きな健全な「精神」がゆっくりと削られて来たことと言うことなのだろう。多くの環境の違いを垣間見れる時代とは
本来人生きる上で自身に必要な情報以上に「失望感」や「嫉妬感」によって、「精神の在り方」が揺るがされていると言うこと。

楽しむ以上に毎日が前向きで健全な「精神」であるように、「精神を守る」大切さに、もう一度世界と一緒に「精神大国日本」と言う立場として何か改善出来る日が来る事を只々思うのだろう。

ネット社会でも今度は「豊かになる為、幸せになる為の不屈の精神」である事を只々願うのだろう。

関連記事

  1. 「天秤にかけた判断」についてふと思う。

  2. 「頼ること」についてふと思う。

  3. 「型破りな人生」についてふと思う。

  4. 「適正な価値」や「答え」が知りたい時にふと思う。

  5. 「限られていく環境」についてふと思う。

  6. 「2極化の世界」についてふと思う。

  7. 「日本国民の優位性が無くなる日」について

  8. たった一度の「人生の限り」についてふと思う。

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!