FX手法#44 リアル動画公開インジケーター

  FX手法を公開 

FX手法#44の設定条件

バックテスト済み(NRP)

・ファイルの中は、インジケーターとテンプレート形式。

・通貨ペアは、EURUSD,GBPUSD,AUDUSD, その他通貨任意。

・時間枠は、15M その他任意。

・戦略:スキャルピング系


FX手法#44の概要

スキャルピング系と言っても、勿論厳選されたパターンのみしっかりPIPSを獲得出来るシステムになっている。

限定会員のみ約50個のシステム・テンプレートから、自身のトレードを向上に繋がる「高確率な手法」や「ノウハウ」そして役立つ情報など、50個分から沢山の「気づき」を見つけれるサクセスガイドになっているのだ。

FXの手法パターンを沢山検証すれば、他者に自分の間違っている所、つまり「痛い所」を指摘される事無く。

沢山の「気づき」を習得できるのだろう。

裁量根拠が得意なチャートウォーカーも一度自身の手法とすり合わせる事で、良いものを吸収し、悪い物を捨てていけるのだろう。勿論高確率な手法も存在している。

初心者チャートウォーカーにとっては宝の地図を手に出来たのではないだろうか、更に「NRPで無い限り、ハイリスクに大切な資金を晒す」事になる事はご存じだと思うが、なるべくNRPで揃えているので検証して頂きたいのだ。

優位性見つけれるフィルタリング方法と高確率なエントリータイミングがあれば、あなたならどうするだろうか?

この世に手法は約80億以上あるとされている、この中に埋もれている高確率な手法があったとしても、あなたは欲しいものを手にする事ができるだろうか。

この根底にある裏があるなら、知らないといけない事も沢山あるのだろう。さて知らないとどうなる事だろうか。

特に初心者チャートウォーカーには基礎知識として、様々な実戦だけで得た「ノウハウ」を「FX解体新書」にて紹介しているので、こちらのサクセスガイドも是非参考にて欲しい。更に確かな根拠をプラス出来る「FX無限無双オリジナル・フィルタリング方法」も紹介しているのだ。

FX-インジケーター戦略 FX無限無双

FX手法#44のエントリー方法とノウハウ

エントリーポイント

サブウィンドウ内、インジケーター示すエントリーポイントに矢印シグナルがチャートウィンドウ内に表示される。

ロングエントリーのタイミングは水色の矢印シグナルが表示され、ショートエントリーは黄色の矢印シグナルが表示される。

更にエンベロープラインが、買い抜けたキャンドルまたは売り抜けたキャンドルのみに厳選すること。

転換ポイントやボラティリティが発生しやすいエントリーになりやすい事。

また逆に、買い抜けたキャンドルや売り抜けたキャンドルの根拠と同時に矢印シグナルも表示されたので、ただ単純なエントリーと思わないでほしい。

根拠が揃っているが、急騰・急落が起こった場合、通貨ペアの特徴にもよるが、

基本「買い過ぎれば反転」「売り過ぎれば反転」と認識しておこう。

また根拠が揃ったが反転から経過してキャンドルの位置がエンベロープライン中央付近(50%程)まで進捗がある時、あまりボラティリティが無いエントリーになってしまう確率があるので要注意すことこ。このパターンでエントリーしていて逆行エントリーになるので注意が必要、原因はトレンドの方向性と逆にエントリーしている時に多くみられるのだ。

下記の画像で確認してほしい。

エントリーポイントが、エンベロープラインの中央付近(50%)の時、注意が必要。

エントリーしていても、指値あたりで「ウマ逃げ」が必要な所なのだ。

FX-インジケーター戦略 FX無限無双

また通貨によっては、エントリー後の値動きに癖がある通貨もあるので、その癖やチャートの特性を把握した上で、トレードを行うと一日に数少ないエントリーから迷いなく安定したPIPSを獲得出来るようになうのだろう。

是非「FX解体新書」を参考して頂きたい所なのだ。

更に上達の鍵は、どれだけ早く自分の性格とトレードパターンの相性を見つけれることなのだ。


FX手法#44のトレードポイント

【ポイント】

「どれだけ凄いと言う手法を手にしたチャートウォーカーより、どれだけシンプルなチャートパターンを手にしたチャートウォーカーが常勝し続けれるのだろう」

話は戻るが、トレンドイコール「押し目」が発生するので、「押し目」に対する「値動きを把握している事が重要になる」恐怖に対する不安間を把握しているが重要な事なのだ。

50個のシステム・テンプレートのパターンを解読していれば、ある程度トレードが把握することが理解できるのだろう。

把握しきれていないものほど、人は性格や経験や集合意識から答えを導き出そうとするので、全ての恐怖が無くなる事はない。解決となる火種が無いと発想も枯れて固まるのだろう。

「チャートの傾向」として理解出来るまで把握してからスウィングトレードを行て頂きたいものなのだ。

それは各通貨ごとにやはり損切ポイントと思われる値動きが発生するからなのだ。「騙し」なのだ。

「FX解体新書」では、その「騙し」について解読しているので参考にして欲しい。

また利食いポイントとしてチャーウィンドウ内、インジケーターエンベロープを活用することで、そのチャートの利食いパターンを見えてくるだろう。

FX-インジケーター戦略 FX無限無双
FX-インジケーター戦略 FX無限無双

まずはデモトレードからその真相を検証して頂きたい。

高確率インジゲーターの無料ダウンロードはこちらから↓


関連記事

  1. FX手法#24 

  2. FX手法#48 ダウンロードページ(会員限定)

  3. FX-インジケーター手法 #24(会員限定)

  4. FX手法#2 ダウンロードページ(会員限定)

  5. FX手法#23 

  6. FX手法#12 ダウンロードページ(会員限定)

  7. FX手法#22 

  8. FX手法#5

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!