大きなチャンスの為に理不尽に対する主張が出来ますか?(後編)

人は、「主張」が当たり前のように出来ていて、出来ているかどうか気にかけれない。

その根源には「情緒」の不安定さを招く要因が沢山存在している事が前回の前編で紹介した内容ですね。

その「主張力の低下」を招く多くの要因は、多く「理不尽さ」をため込んだ人達が起こす現象とされ、その原因の、改善の取り組みがないこと。

「放置」による「情緒の不安定」が悪化、または悪化との向き合い方を知らないが為に起こる、病気の長期的になる事があげられている。

それは何故か?

「不健全な考え」や「満たされないニーズ」「心理的トラウマ」が本来の「健全な情緒」より優位に働き「回避」と言う行為が良くも悪くも「表現」される最悪のスパイラルを招く。

これが言わいる「理不尽な表現」になる「健全な主張力を無効にする」「情緒の管理不足」が原因であるが為に、他者から与えられる「理不尽さ」や、また自身が「理不尽な表現をすること」の原因を知る事で改善される例を紹介しよう。

「理不尽さ」が溢れる先にあるもの、それは「反する気持ち」が根付くことなのだ。

根付く以上に「フラストレーション」が脳に与えるダメージは著しいものだ。

例えば「反する」気持ち「差別意識」が根付く原因において、白人と黒人の印象がこんにちまでどのように意識されているか、ご存じだろうか?

どちらが好みですか?とい言う質問に、何故か「白人」が「良い」「黒人」が「悪い」と二択の意識が放出されている。

「太っている人」は「悪い」「痩せている人」は「良い」も同じ二択の意識が放出されていることが解るだろう。

単純な二択の「キーワード」以上に後に続く環境が出来上がる。

脳裏では、好意的なものに対しては、「善」「友情」「楽しい」「祝福」説いた「ワード」を紐づけされやすく、悪意的なものに対しては、「悪」「嫌い」「汚い」「悲惨」と紐づけされた認識が後を募らされるのだ。

無意識にそのワードの更新と行進が始まり、その対象者の潜在意識が仕上がる、頭でこれらを日々逆に考えながら、パソコンで入力していく事が出来るだろか?

ハッシュタグされ続ける環境が脳内で起こり、いつの間にか「価値観」として根付き最適化を忘れることなのだ。

国内におけるメンタルヘルスケアが確立していない以上に、何故このような「原因」を突き止める以上に

本来は「放置」されている「認識の違い」に疑問を抱けることだろう。

疑問と思わないだろうか?

何故なら先ほどの「キーワード」を思考する過程において、目で見せられた画像と反対の「キーワード」を入力することで、その「差別思考」実際に測定し研修を行うプログラムが存在しているからなのだ。

そもそも「認識」されている物事が、自分にとって良いのか悪いのか判断することなく、保存されているからである。

人はそもそも、認識されたもの「答え」を探す為に「考える」ことを学習するが、この国内において「脳」そのもの「放置」した環境下で生きている事が低下の原因とされている。

「放置」された環境とは比較されていくものが観えてくるのだろう。

その根本に何故「低下するのか」の原因に「教育そのものが原因とされる」

「答え」=「考える」のではなく「答え」を「教える教育」を受けている事が原因とされる。

認識された共通の「キーワード」を入力される教育が大きな原因とされ、国内の論文でも多数懸念されていることなのだ。

なってはいけないのが「ディバイス人間」なのだ。「入力」されれば反応する人間になってはいけないのだ。

「正解」を教える時点で、「対象に対する」「答え」を「考えるのでは無く」「覚える」ことが当たり前となっている。

黒人の「答えは?」に対して、「答えはこうなんです」と教える教育と、「考えた答えを多数共有する教育では脳裏に入る「キーワード」が全く違うからなのだ。

こうした脳裏の認識を書き換えるプログラムなど多数いや何百と存在し、「認識を変える研修」が各国存在していること。メンタルヘルスで健康的な精神を培う以上に「健全な精神を培うことは容易ではないものなのだ」

実例で言うと過去80年代のイギリスでは人口の約半数が異なる人種同士の結婚に反対していたが、2011年にはそれが15%まで低下していること。

これはアメリカでも同様のケースが存在している、1958年アメリカ人の94%が黒人と白人の結婚を認めないとしたものの、2013年と言う長い月日を掛けてわずか11%まで低下しているのだ。

これらの国民が意識することなく心に抱く潜在的な「偏見」はずっとねちっこく、消す事の難しさを表しており、少なくとも研究結果からそう表現されている。

「満たされないニーズ」が脳の損傷を促し、潜在的な「偏見」「反する気持ち」を生じる過程において、ハーバード大学のプログラムチームの行うテスト及び研修は実に「約18000回」行われてきていること。そして、ここで重要なことはあるパターンが存在していることなのだ。

まず多くのテスト結果は、ご存じの通り「偏見」の基本通りの反応なので珍しい事でもないのだが、

「偏見」と言う認識、これらの因果関係とは、面白いことに原因を求められると「答えがないことに至る」、「偏見は認識」しているものとして「答えれる」ことに至ること。

入力された「偏見」は対象者との因果関係無いこと。

よって入力された「偏見」は、個人的主観で「認識」されたものであり左右されるものであると言うことなのだ。

何故「白人」か「黒人」かによって医師は異なる治療を施すのかと言うことや、「白人」か「黒人」によって拳銃を発砲する確立が著しく高いのか、または「反対」か「賛成」かと言った、これらがどのように影響を与えるか読めるだろうか?

それは裁判官や医療関係者などは特に、「偏見的対象者に対して、その医療行為を変更するかどうか」または「偏見的思考によって、判定に影響があるかどうか」についてこの影響は著しく誤解を促す判断を招く事を懸念される事に繋がるからなのだ。

「実際の偏見的対象者に対して、排除や差別を受けている人たちへの反感や敵意によるものではない主張が存在していることなのだ」

ここまで「主張」に至るまで、なぜ思考が不要な「主張」もってして、本来必要なパフォーマンスを盲目化し低下さしているかが理解できるだろうか。

そうして研究チームによる研究が過去10年間企業や公的機関を中心に研修を行ない、これらの「放置された偏見的思考の改善」を行い、現在に至るまで思考は偏見を持っている事を認識させるプログラムから始まったのだ。

「因果関係を持たない偏見を持っていることを認識させるのが目的なのだ。」これらの研修や研究費および業界規模はアメリカだけでも80億ドルの市場に繋がる資金が投じされている。

不要なパフォーマンスとはビジネスにおける「偏見」を取り除くことで、非合理的で偏見が原因で仕事本来の英断以外の結果を招く事による利益の低下を防ぐものとされている。採用される人材も企業成長も潜在的な「フラストレーションの偏見」が少なくなればなるほど利益も上がると言う仕組みなのだ。

ここまで「情緒」を養うことに繋がる基盤が観えて来ただろうか。

まず能力を発揮する過程において「フラストレーションの元」を知ること。

それは「偏見の反する認識によって書き換えるトレーニング」が必要であり、脳裏で認識された個人的な問題と向き合う事に繋がるのだ。それだけ「不要な認識でがんじがらめになっている」と言うことなのだ。

またその認識において、国内では「答えを」=「待つ」のではなく「答えを」「独自で見出す」ことが前提と言えるのだろう。

不要な認識では無く「見い出せる認識」それこそ脳裏で認識された「答え」を「主張」することに繋がるのだ。

簡単な表現で言うと頭の中に「主張に繋がらない異物」を取り除き、「主張したいものが沢山ある状態」が望ましいと言うことなのだ。

これらの認識を知る過程において、「それらは認識出来ている」と言う発言者も多くいたらしく、これらの研究から得られているのだ。

ここから少し「偏見という不要な認識」について深堀してみる。

バージニア大学のグレック・ミッチェル教授は指摘している、どのような「偏見」を持っているか意見を募り、更に1時間後に同じ「偏見」について意見を募ると、「偏見に対する認識が変更されていたのだ」

「偏見」が変更される過程において、これらを「反復可能性」と言い、同じ「偏見」を募らせる人とは違い「反復し偏見内容を変更し続ける人がいることなのだ」それらを問題視し、特にいつどの様な過程おいて変更されるのかについてこう述べている。

「状況」による認識が影響を与えていること。そして「食事の前と後で意見が変わる生理的影響を与える」可能性が著しく高いのだ。個人的に誘発する意見とは実に変容しやすく、一貫性の難しさを示しているのだ。

これらは「より強い偏見的結果」に対して、差別的な主張を行う場合と、差別に加担しない振る舞いに結論付けれないことになる人達だからなのだ。この場合の研究と研修のプログラム関連性から不安定な位置に、ひもづけられる人達がいることを認識しておこう。

相関関係が弱いところと、相関関係が著しく強く出るところを細かく研究し、重要視することが紐づけられている。人は複雑項目が沢山あり、天気、気分、血、や糖分の量や後遺症など様々な要因を思考に影響を与えているのだ。

それらによって「主張」する「表現」がポジティブかネガティブかまたは、法的判断や医療行為や生徒の評価まで左右される因果関係に「偏見」が与える影響の全体数は非常に大きくなるとされるからなのだ。

「英断な主張」が必要な時、その影響は著しいく生命に影響を及ぼすことを研究結果から得られたと言うことなのだ。統括的立場であれば尚更なのだ。

「A」に対する紐づけされた「答えB」に偏見があるだろうか?実際研究では「偏見」だけではなく「ポジティブな認識」でも研究対象とされていた事は言っておこう。

これらを著しく理解する事によって、改善され著しく「意識」が変わる事によって「善意的な行動」による言動が増加す結果が上がっている。

「主張」がどのように培われるか戻ろう。

本来「情緒の放置」や「情緒の委縮」によって起こる、「主張力の低下」に伴うもの、

それは「自信が無くなること」

良く「自信」をつけるにはと言う話をよく伺うが、これら全てが一連に繋がるのだ。単体「キーワード」の取り組みでは解決出来ないものと認識していいのだろう。

どれも点で認識する「キーワード」認識では無く、まず因果関係を理解すると、「主張」することで「うつ病」が改善されることや「自信喪失」つながる要因を1つ1つ改善していけること。など一連の関係と認識できるだろう。

それらを改善するべく、どのように「情緒」を培うか。

それらは、「自信」に繋がる「善意的行動」から得られる「自信」なのだ。

「善意的行動」=「自信」が培う唯一の仕組みとされている。

ホルモンの効果も著しいのだが、それらは「主張」する時に必要な「自信」と言えるが、何にしても「自信」があることが望ましいことは理解できのだろう。

それらは個人的な義務の中で完結されること、外部的な部分で解決される所を認識しなくてはならない。

それは「悪意を示す雰囲気」や「脅したように生きる生き方ではなく」対するものを伏せて大きく見せる様な「他律」ではなく、

個人が主体となって内側「自律・立命」する過程における主軸たる「自信」なのだ。

善意的行為を行た自身を脳裏で再認識している時、特に「自信」として培われていくのだ。

こう言う仕組みが人であることなのだろう。

本来これらを自身の内なるもの根付かせるものに「信念」や「思想」が錨となり、荒波にも動じない「自分」が根付くものとされるのだ。

人は「偏見」に対する真逆の「力」によって人は「健全な思考」や「自信」が治癒され断固たる「主張」が行える唯一無二のたわものなのだ。一連の作用はこれだけに留まらないのが、

そこに始めて「日本語」の意味が作用するものがあるのだろう。

考えれるだろうか。これは問題にしよう。

そして関連「キーワード」を認識するだけでは、何日経ってたどり着かないことが理解できるだろう。

他人に割り当てても意味のないものと、自身でどこまでも培えるものが全て自身で完結できるのだ。

自分と言う家を建てるように、不要なものを捨て必要なもの揃えることといえるのだろう。

この世の人である仕組みは、不可思議な「心」の作用と「善意的な行動」により保てる「自信」が存在していることなのだ。

冒頭で紹介して来た「偏見」が潜在的に存在していることは、それらが「信念」として、こんにちまで、大人から子供で伝わって来たものと教授たちは残しているのだ。

それらを知ってあなたはどのように生きたいか?ディバイスか断固たる偏見のない自分か?

偏見のない理想としたものを「多様性」として認識することが、研究の流れであり、1つの情報としてこのような考えがあると認識することもできるだろう。

「主張」とは「信念」であり「信念」の「表現」であることは、「信念」と言う概念をアメリカ及び多くの研究者たちが非論理的な因果関係を否定できないものとし、主張しているからなのだ。

こんにち国内でも先人たちは、心のトレーニング方法として、「一日一善」とは実に理に叶った心のトレーニング方法を残してくれいるのだ。そして「笑う門には福来る」と言った心トレーニングプランなのだろう。

これらも多くの研究結果と論文でも紹介されているのだが長くなるので止めておこう。

国内では「自信」あるか?無いか?と言った「偏見」が見受けられるのも残念なことであり、これらの因果関係を明確に知ることによって、「健全的な主張が出来る子供達」培わなければならないのだろう。

これは国内の論文でも紹介されているが「意見が言えない子供達の増加」がもたらす事を懸念視しているものがあるくらいなのだ。

それらは「受け身」と言った「フラストレーション」を生む仕組みを教育過程で培うことによる「思考が育たない現状」が著しことを募っていること、これらの「議題」について懸念される以上に物質価値観以上に精神的な剥離に限界が達している事を肌身で痛感できるのだろう。

「自分の言葉」「自分の考えを持たない」=どうなるか「人の言葉が理解できなくなる」ことも懸念出来るのだろう。

最近「主義」が普遍的な場面で、変容する事を耳にし疑問としていた。自身が受けた偏見も同様に被さる事があったのでこれらの記述で理解できるのだ。

そう「主張」が出来ていて、出来ているか気にかけていない「自分と言う主義」がどうであるか解らない。よって毎日思考が変わること以上に一貫性とは難しいものだ。

それが時に「英断が必要な時に意見が変わる」「偏見が変わる」と言った流れによって構築さる流れがあること

「主体」とされる「主義」まで「影響」を与えることは「反服可能性」と同じなのだろう。「難民思考」による「主義」内部の思想の分裂がおこす原因であり、そしてまた他の「主義」に移行していく「反服可能性」が起こす思考作用はまさに、研究の懸念的な表れであることが著しい。

これらの思考とは本来の評価や「賛成」や「反対」以上の主体を持つ思想や主義にいつも大多数に影響を与える要因であったと言うことなのだ。これらは政治・経済・会社・チーム、組織的な内部統制や風土に影響を与える要因の1つとされる。

いつも「自分軸」を持った「主張」である事は、そのような「反服可能性」の思考に流されることなく、人として成長していく姿勢であり、すり合わせを行い磨きをかけ己を信念を確かめ上げていく事が人生において重要なのだ。

他人の懐でもたれかかる様な「人生を放棄」した姿勢ではダメなのだろう。

もっと強い「主張」が求められる時代、「主張」が低下する物質的格差以上に「思考格差」を生んではいけないのだろう、大きなチャンスや大きな幸せはいつも「主張」から生まれるものであること。

もっと強い「主張」をしよう。

関連記事

  1. 「情」と「条」でスキルアップすることについてふと思う。

  2. 日本の「原点回帰」についてふと思う。

  3. あなたの文武両道は何?

  4. 「日本国民の優位性が無くなる日」について

  5. 「次世代の環境」についてふと思う。

  6. 障害者についてふとおもう。

  7. 一線を越えていける「3つの時間」についてふと思う。

  8. 「素質を上げれる子供の教育」についてふと思う。

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!