大きなチャンスの為に理不尽に対する主張が出来ますか?(前編)

人は、「主張」が当たり前のように出来ていて、出来ているかどうかも気にかけないでいる。

スキルそれが「主張力」

20世紀から大きくIT製品の普及により、コミュニケーションの国境がなくなり世界と繋がれるビックチャンスが今日こんにちにある。

もっと強く「主張」することで、何億以上に大きく30億、50億円と言う対価も得られる時代であることは確かなのだ。これらは21世紀より先に長く構築されていく基盤である傾向は非常に伺えることだろう。

多くのディバイアスを通じて発信されその多くの対価となる根源それは「主張」なのだろう。

「主張」は、個人の意思や思考を様々形で「表現」し、対象者へ伝わり現代ではそれが大きな対価となる。

この「表現」の自由が個人に与えられた自由意志であり、個人が尊重する糧であり、権利として守られるべき姿なのだろう。

この自由な「表現力」「主張する力」そして日々その「力」をどのように培っていくことで補えるか?

生まれながらにして、持ち合わせている「能力」であれば苦労もしないとそう思うこともあるのだろう。

この「能力」の根底にあるものを日々「大切」にしているかどうか?

またこの「大切なもの」を21世紀になって守れているかどうか?

残念ながら「主張」が出来るようになる以上に、こんにちは出来にくくなることが多くいこと。

今まで以上に憲法や法律、規則や権利以上に、その「主張」がもたらす「根源」が損なわれていく過程にあるからなのだ。

本来「主張する力」とは、時列に対して、その知識や知恵、また情報量の普及により進化と発展の先に確立出来るノウハウが集約されるものを手にされなければならない。

その集約されたものに触れれる事で「能力」が上がる人もいれば、更に生まれながらに持ち合わせている「能力」以上に発揮できる過程があるからなのだろう。

それは普及している商品によって、更なる生活基盤の向上と新たな価値の対価を手する事が万人に与えられていること、そしてその物事に対して比例して必要となるものだからなのだろう。

「必要不可欠な能力」としてサービスに答えられる。または生活が豊かになれる人のスキルが向上する過程であることは理解できるのだが、

この「主張の力」を衰退させる言動が存在すること。まして21世紀に構築され、これより先の未来の基盤となれる過程において、あたかも「不安定」と「容易さ」を突き付けては揺るがす流れがあることなのだ。

それは日々の健康を保守するように、「主張の保守」が必要なのだ。

健康といっても様々な健康習慣が存在し1つだけ健康に保つことより、もっと沢山の健康習慣をまんべんなく執り行う事が「健康の最適化」とされている。
お肌の健康、髪の毛、食事、筋力トレーニングそしてメンタルヘルスケアとする精神衛生管理など、人がより健全な「主張」を行うことに繋がる機能の管理とはより多くの管理から始まるとされるからなのだ。

「主張」「表現」と理解できる。「より強力な主張が必要」と言うこと

「健康」である事が当たり前と理解出来る。

その「根源」にあるものそれが「情緒」なのだ。

21世紀になって、この言葉すら聞く事が少なくなったような気がする1つ「情緒」なのだ。
にふれて起こるさまざまなおもい。喜怒哀楽などにつれて起こる複雑な感情。

喜び、悲しみ、怒り、恐怖、不安のような一時的で急激な心の動きをいう。激しい身体的な表出を伴うので「情動」と呼ばれる。

「表現」根底に存在する「情緒管理」が存在していることなのだ。

感情のふり幅によって、人は本来ものを使い音をたて表現し相手に伝える事や、その「感情」を伝える根底にある「力」なのだ。

日々この「情緒」が損なわれている過程が存在している。

それが「理不尽な出来事」なのだ。

人は本来本能によって、その自身の保守に努める機能が発揮される「感情」が備わているが、

「理不尽さ」と言う力において、その「情緒」における能力が失われるからなのだ。

まず「ストレス漬け」による認識力の低下、もたらされる「理不尽」に無反応になる過程が存在すること。
人の否定的な感情の背後には、癒しを求める感情が強くなり。
「不健康な考え」や「満たされないニーズ」「心理的トラウマ」が優先的に募る「感情」で回避の「表現」が良くも悪くも不健全に「表現」され始め満ち溢れるからなのだ。

「強い健全な主張」に足して、「本来の主張力の低下を招く」、不健全な主張が存在すること

その表現の中に「理不尽な表現」とは「健全な主張力」を無効にする「情緒の管理」と言う過程が存在することなのだ。

この様に「主張出来る人」「主張出来ない人」は同じような状況下に遭遇したときに、人によってその「主張」の反応が大きく異なる可能性を生み出せるため、感情の自由かつ迅速に管理出来る人もいれば、そうでなく感情の管理が出来ない状態の人もいると言うことなのだ。

それが「主張の根源」にある「情緒の管理」の重要性なのだ。

あなたの「情緒は守られていますか?」

ここまでの根拠がどうか欲しいところ。

感情の管理が出来なくなる「理不尽」な表現とは、「主張」するパフォーマンスを著しく下げ、忠誠心を弱める作用がは働くことと、アメリカサンダーバード国際経営大学院のクリスティンM.ピアソン教授が語るのだ。

否定的な感情が運営する会社にどのような影響をもたらせるか、著しく会社への非道徳的感情の要因は

「怒り」「悲しみ」「不安」の3つの述べ、それらに共通して言える言葉が「理不尽」と言う言葉なのだ。

圧倒される「ストレス」以上に、その背後には圧倒される「理不尽な言動」に対する「主張」が必要不可欠な能力となること。

その「主張する力」には「情緒」を健全に保つことが必須項目とされる。

これらは単なる「理不尽」な主張では無く、本来集団主義、国家統制に用いられる管理体制に使われる管理術でもあり、統制方法の在り方によってその恐ろしい背景を垣間見れるのだろう。

このよな体制には、個人的な感情「情緒の表現」を明らかにしない、させない環境下において行われるものであり、本来人は良い気分であれば人々を前進させる動機を与えます。

このように進展してほしくない状況を構築する時、否定的な感情を利用し、その機敏は意識的に「情緒の管理」が出来ないものよって「主張出来ない者」として否定的な感情を日々蓄積する、またはさせれる可能性があるからなのです。

作業効率の低下、アイデンティティーの低下、そして忠誠心、無関心な感情を構築させられることも注意して「情緒の保守」を行わなければならないと言うことなのだ。

なぜ21世紀に知識向上社会において、そのような思想があてがうのかもっと強く考えなくてはならない。それ故

トラビス.ブラッドベリー博士は言いました、否定的な感情から身を守る為には、もっとも「情緒の保守」に努める事が大切だと。

病気の70%は、感情に関連していると言われており、ブラットベリー博士は、聖書にあるように「日没まで怒らないでください」と諺を大切にしているようです。

日々の生活において「内面圧力」が見受けられたら、それは危険信号であること。
それは「主張する力」の根底にある、感情があなたから離れてしまうことになるからです。これらを知らない人々は外側にある問題に正面から向き合う事に慣れている現状だと言うこと。
それによって悪化と長い間病気になる確率が高いとされている。

台湾では現代病の1つ「うつ病」の段階の人が500万人、4人に1人と現状だそうです。それは日本国内でも同じ傾向であります。
閉鎖的にならず、「感情的」に治療することで、その多くの患者は減少傾向にあると言うことです。

その多くは外側に向けるのでは無く。同じく「情緒の管理」とも言える治療法なのです。
その多くの「うつ病患者」の根本には、「自分の主張」がない事が原因とされていると言うこと、

治療には「自分を大きく主張すること」まさに「情緒の管理」と言うことなのだ。

自分の感情に慎重に意識し受け入れる過程においてポジティブなことを、「大きく主張」することが根本とされているからなのだ。

面白い事に、中国が世界の大頭にあがる教育過程において、世界共通の人材を作り上げる為、特に英語を共通していく言葉以上に、アメリカ人らしく表現出来るように「集団的にポジティブな言動」繰り返し言う運動が行われていたことです。それは何万人も集まり行われる人材育成と言うことなのだ。

英語だけではなく、「情緒を作る」過程において言葉だけでなく「言動から主張方法」を取り入れた結果、現在アメリカ人に匹敵するアジア人としてその表現に至れると言うことなのだ。

これらは「表現の先にある気づき」によって、「感情」及び「情緒」が「前向きなこと」に上書きされると言うことなのだろう。

積極的にもっと「主張」するべきメリットして健康で健全であり続けるれる、そんな「情緒の管理」の大切さについて理解できるのだろう。

同時に「理不尽なこと」に対して、「感情的主張」が無ければ、「理不尽に管理される」と言う恐ろしさを理解出来ただろう。

ここで最も大切なこと、あたなの「思想」「思考」「主張」はいつも「理不尽」な事を擦り合わせて、「反発があるかどうか」試されること。

現代においていつも「理不尽」な事があれば、その「情緒が無くなって来ている」「主張」出来ないことを管理されている、そうとも言えるのだろう。

「主張」の根底にあるもの、それは「情緒」であり「情緒の衰退」「主張出来ない人間」になると言うこと。

冒頭でお話したが現代において、世界共通に言えることの多くは、その大きなチャンスと大きな幸せ、そして健康である為には「大きな主張」が必要不可欠な能力と言うことなのだ。

それを常に衰退に追いやれる否定的な感情「理不尽な行為」によって、いつもその「大切な情緒」が損なわれていると言うこと。

「主張」がもたらす人間らしさ、そしてその根底にある「情緒の大切さ」を改めて、もっと重要視できることである。

今回は少し長くなったので、次回「後半」して「情緒」をどのように培うか?についてアップ出来ればと思うのだ。

もっと強く主張して、今の自分から新たな自分へ進化し、世界から大きなチャンスと幸せを沢山手に入れよう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 「今の若い子たちの活躍の場を観ている」とふと思う。

  2. ちょっとの「熱意」と「チャンス」についてふと思う。

  3. 大きなチャンスの為に理不尽に対する主張が出来ますか?(後編)

  4. 日本の「原点回帰」についてふと思う。

  5. 「天秤にかけた判断」についてふと思う。

  6. 「思考」と「自分」の距離についてふと思う。(恋愛・結婚編)

  7. 「延命は人として?」「延命はカルチャー?」についてふと思う。

  8. 「影響」と「進化」についてふと思う。

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!