FX-インジケーター手法#38 

バックテスト済み(NRP)

・ファイルの中は、インジゲーターとテンプレート形式。

・通貨ペアは、USDJPY,EURUSD,GBPUSD,AUDUSD,その他通貨任意。

・時間枠は、5M以上 

バックテスト済み(NRP)

・ファイルの中は、インジゲーターとテンプレート形式。

・通貨ペアは、USDJPY,EURUSD,GBPUSD,AUDUSD,その他通貨任意。

・時間枠は、5M以上 

スキャルピングのタイミングをNRPドット・シグナルで表示さした、スキャルパー向きシステムになっている。

ボラティリティの値幅を「川」でフィルタリングが出来るので、簡易的な方向性をフィルタリング出来ること。

また視覚的な不安はこれでリカバー出来るのだろう。

それでいて普段「ダイバージェンス」をフィルタリングしているチャートウォーカーにはお勧めなのだ。

転換の期待値や何らかの期待値にたいしてダイバージェンスとして表示されるので、ひよっとした楽しみもかいま見れるのだ。これは好みの通貨ペアによって特徴がある話なので、一度検証してみる事をお勧めするのだ。

ハイ・ロットで行う時は、もちろん資金管理とロット配分を徹底的を行なえば初心者チャートウォーカーでも収益を伸ばせるのだろう。

FX-インジケーター戦略 FX無限無双

エントリー方法

基本色別されたドット・シグナルが表示される、ロングエントリーの場合、青色のドットが表示され、ショートエントリーの場合、赤色のドットが表示される。

また優位性の厳選は必須なのだ。

エンベロープライン、ミドリのライン付近では青色のドットが優位性が高く。エンベロープラインを売り抜けたキャンドルのみより優位性があること。

エンベロープライン、赤色のライン付近では赤色のドットが優位性に高いこと。エンベロープラインを買い抜けたキャンドルのみより優位性があること。

またエンベロープライン中央付近のエントリーは優位背があるかどうか。チャートウォーカーの判断に任せよう。基本レンジが発生しやすかったり。

ボラティリティがなかったりすが、大きな転換点としてトレンドを形成する時は、通過ペアにもよるがこの中央付近から発生する事もあるので判断は経験値に任せると言うことなのだ。

わかりやすい所だけ、毎回エントリーを行い得意になること。後から同じエントリーに対してロット配分を行なえば収益は、同じエントリータイミングでも有益なエントリータイミングと化すのだろう。

サブ・ウィンドウ内、のインジケーターはサブ・フィルタリングとして活用すること。「ダイバージェンス」が起こるかどうかは各通貨ペアの特徴によって異なる傾向なので、良く好みの通貨ペアがどのような傾向の「ダイバージェンス」なのか確認してから活用すること。

そうする事で、「ダイバージェンス」が表示されたタイミングとドット・シグナルが重なるタイミングは、より有益なエントリータイミングとして認識できるのではないだろうか。

得意なポイントになるかどうかは、個人的な感覚が重要になるので、ちょっとしたイベントタイミングとして用いてもらえれば良いのだろう。

FX-インジケーター戦略 FX無限無双
FX-インジケーター戦略 FX無限無双

まずはデモトレードからその真相を検証して頂きたい。

高確率インジゲーターの無料ダウンロードはこちらから↓

関連記事

  1. FX-インジケーター手法 #33(会員限定)

  2. FX-インジケーター手法#17 

  3. FX-インジケーター戦略 #34(会員限定)

  4. FX-インジケーター手法#12 

  5. FX-インジケーター手法#16

  6. FX-インジゲーター手法#3 

  7. FX-インジケーター戦略#15 

  8. FX-インジケーター手法 #2(会員限定)

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!