FX手法 #30

  FX手法を公開 

FX手法#30の設定条件

バックテスト済み(NRP)

・ファイルの中は、インジゲーターとテンプレート形式。

・通貨ペアは、GBPUSD、 EURUSD、AUDUSD その他通貨任意。

・時間枠は5M設定。 


FX手法#30の概要

限定領域を狙ったスキャルピングシステム。逆張りスキャルピングとなっている。

裁量の盲点は、全ての流動性を追い続けないといけないこと。一つ一つ裁量根拠を元に沿わせて行く。根拠を正解とする為に追い続けないといけないのだ。

構図的な要素を意識的に求めてしまう為、誤認反応さえ類似傾向にあてがってしまう憶測が高くなる。

人為的な作業とシステム的なロジックなら、どちらがトレードにむいているだろう。

どちらも正解でありながら、何が違うのだろうか?寄与するものは何だろうか?

どちらにしても人的なミスを誘発する確率が高い原因をあげるなら、システムロジックより項目は上がると思うのだ。

「思ったのに」「いつもはこれで大丈夫なのに」「たまたまダメで」と感情論がつきものなのだ。

一般に人為的な作業工程でもミスがつきものであれば「いつもは」「魔がさした」という作業ミスがあれば資金が減る世界。給与マイナスの世界なのだ。

自身の集中力は、何時間が有効的か?

その前に流動性全てが必要かどうか?不要なのだろう。いつも「時間帯効果」「費用対効果」自身のベストパフォーマンスが継続する期間に終えることが理想なのだろう。

またこのシステム構成は、近年の傾向から求められている傾向として、近いシステム構成にしてある。

優位性を求める事。つまり「限定」することで、求める根拠をより明確に、更に高確率に施していく。

そんなフィルタリング出来る優れものなのだ。

波に合わせてエントリーと利益確定を繰り返すだけ。

初心者チャートウォーカーには。かなりお勧めな一品なのだ。

波に合わせてスキャルピングを行いたい方、スキャルパーになりたい方必見。

FX-インジケーター戦略 FX無限無双

まずはデモトレードからその真相を検証して頂きたい。

高確率インジゲーターの無料ダウンロードはこちらから↓


関連記事

  1. FX手法#48 

  2. FX手法#10 ダウンロードページ (会員限定)

  3. FX-インジケーター手法 #15(会員限定)

  4. FX手法#11 

  5. FX手法#50 

  6. FX手法#43 ダウンロードページ(会員限定)

  7. FX手法#44 リアル動画公開インジケーター

  8. FX手法#25 ダウンロードページ(会員限定)

Translate This Blog

最近の記事 おすすめ記事

ARCHIVES

error: Content is protected !!